スポンサーリンク

株のナンピン買い(買い増し)を成功させるタイミングとコツ

どうも、中原良太です。

株の短期取引が得意です。2018年からの3年でトレード資金を約2倍に増やしました。

先日、こんなツイートをしました:

“【株を買い増しするタイミングはいつがベスト?】
①株価が暴落したとき:安く買えるときにたくさん仕込む
②給料やボーナスの直前:余力にあわせて資産を再配分
長期投資では上2つが基本。合理的に振る舞うべし。ちなみに、短期取引では市況にあわせて「長いものに巻かれる」と上手くいきやすい。"

ナンピン買いとは「難平(難を平らげる)」買いのこと。株価が下がったときに買い増しすることを指します。

自分が株を買ったとき、持っている株が下がったときはナンピン買いして買い増しするのも選択肢のひとつ。成功しやすいタイミングやコツが分かれば、お金をスムーズに増やせるでしょう。

そこで本記事では「株のナンピン買い(買い増し)を成功させるタイミングとコツ」というテーマでまとめます。

株のナンピン買い(買い増し)を
成功させるタイミングとコツ①:暴落

株のナンピン買い(買い増し)を成功させるタイミングとコツその1は「株価が暴落したとき」です:

“良いと分かっている割安株は、下がった時に買うのが鉄板です。たとえば、TOPIX連動型のETFなどは、下がったときに買い増したい。仕込みどきの目安には騰落レシオを使うと便利。10日騰落レシオが50を割れたら買い場であることが多いです。"

ナンピン買いをする前に確認すべきことは3つあります。

1つ目は「ナンピン買いが正しい」ことです。

下がるべくして下がった株はナンピン買いすべきではありません。ナンピン買いすべきは「不当な理由で下がった株」です。

だから、持ち株が暴落したときには、その理由を確認しましょう。

2つ目は「ナンピン買いの株以外にチャンスがない」ことです。

ナンピン買いが正しいとしても、その株よりも魅力的な株がほかにあるなら話は別です。

Aという株をナンピン買いするより、Bという別の株を買うほうが儲かるなら、ナンピン買いにこだわる必要はありません。

1つの銘柄にこだわりすぎず、視野を広く保つのが大切です。

3つ目は「適量をナンピン買いする」ことです。

株式投資のパフォーマンスの大半は資産配分で決まります。ナンピン買いが正しいとしても、株を買い過ぎてはダメだし、買わなすぎてもダメです。

だから、ナンピン買いをするときは、「いくら買うべきか?」を慎重に吟味しましょう。

株のナンピン買い(買い増し)を
成功させるタイミングとコツ②:収入

株のナンピン買い(買い増し)を成功させるタイミングとコツその2は「収入が入ったとき」です:

“手元に余力があり過ぎるとき。株を買うには良いタイミングです。ただ、給料日直後やボーナス月直後は、株価が高くなってしまう恐れもあります。だから、株価が下がっていたら、給料日前やボーナス前、そのうちに株を買ってしまいたいところ。"

先にも触れたとおり、株式投資のパフォーマンスの大半は資産配分で決まります。

資産配分の観点から見ると、成功しやすい株のナンピン買いのタイミングは2通りです。

1つは、「株価が下がって、株への資産配分が少なくなり過ぎたとき」です。

もう1つは、「給料やボーナスなどのまとまった収入があって、現金の資産配分が多くなり過ぎたとき」です。

2つ目は意外かもしれません。

ですが、現金を持ちすぎることもひとつのリスクです。だから、リスクを均すためにナンピン買いする…という選択肢もアリです。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【株のナンピン買い(買い増し)を成功させるタイミングとコツ】
①株価が暴落したとき:安く買えるときにたくさん仕込む
②給料やボーナスの直前:余力にあわせて資産を再配分

成功しやすいナンピン買い(買い増し)のタイミングは「合理的な視点から見てナンピン買い(買い増し)が魅力的」なときだけです。

だから、言うまでもありませんが、「感情的な理由で株をナンピン買いする」のはNGです。

たとえば、「損を取り戻したいからナンピン買いする」とかはやっちゃダメです。

「安く株を買い増せる」という屁理屈を引っさげてボロ株を大量購入する方をたまに見かけますが、こういう人は反面教師です。

決してマネをしないようにしましょう。

– 中原良太