スポンサーリンク

株で儲ける仕組み3種類をわかりやすく解説

どうも、中原良太です。

18歳の頃に株を始めました。30歳でなんとか準富裕層に食い込みました。

先日、こんなツイートをしました:

“【株で儲ける仕組み3種類】
①激安な株を買う:1万円札を5千円で買う感じ
②配当を受け取る:高金利な銀行利息みたいな
③成長を予測する:有望なヒトと結婚する的な
これ以外にも儲ける方法はあります。ですが、だいたい投機的なので初心者には不向きだと考えます。基本は上の3つだと思います。"

株初心者の方の中には、「株で儲ける仕組みが分からない!」と悩むヒトも多いようです。

そこで本記事では上のツイートを深掘りして、「株で儲ける仕組み3種類をわかりやすく解説」というテーマでまとめます。

株で儲ける仕組み
その1:激安な株を買う

株で儲ける仕組みの1つ目は「激安な株を買う」です:

“「1万円札を5千円で買え」たら、確実に儲かるはず。株で儲けるもっとも確実な方法は「株の適正価格を知り、はるかに安い価格で買う」ことです。バーゲンセール中の株を見分けられるようになったら、買うたびに株で儲ける仕組みのできあがりです。"

結婚で喩えるなら、「すでにお金持ちのヒトと結婚する」感じです。

株式とは「企業の一部」のことです。企業はいろんな財産を持っていますから、激安価格で買えたらそりゃ儲かりますよね。

儲かる割安株(バリュー株)の探し方・見つけ方・スクリーニング条件についてはコチラの記事にまとめてあります。

株で儲ける仕組み
その2:配当を受け取る

株で儲ける仕組みの2つ目は「配当を受け取る」です:

“1万円札を5千円で買うのが難しいときは、1万円札を1万円札で買うのもOKです。この場合、配当利回りが高い株を選び、「高利回りな定期預金」みたいな感覚で成熟株を持つのも一策。高利回りの配当を受け取れる分、銀行に1万円を預けるより得かと。"

結婚で喩えるなら、「手堅い職業についているヒトと結婚する」感じです。(エリートな公務員とか?)

上場企業の一部は配当を出しています。安定的に配当金を受け取れる株を買えば、儲ける仕組みのできあがりです。

おすすめの高配当優良株の探し方、スクリーニング条件についてはコチラの記事にまとめてあります。

株で儲ける仕組み
その3:成長を予測する

株で儲ける仕組みの3つ目は「成長を予測する」です:

“1万円札を2万円で買う方法もあります。この場合、1万円札がむくむく膨らんで何倍もの価値になるものを探し当てる必要があります。投機的に成長株を買う手法もありますが、長期投資で成長株を買うのは激ムズです。未来は誰にも分かりませんので。"

結婚で喩えるなら、「これから大きく化けそうなヒトと結婚する」感じです。(ベンチャーづとめのヒトとか?)

株価が安くなくても、配当金を出していなくても、「大きく成長する」ことで元を取れるケースもあります。

ただし、「いま安い株」や「手堅い株」を探すのと比べ、成長株を見つけるのは難しいです。失敗するヒトも多いです。注意しましょう。

成長株の見つけ方やおすすめのスクリーニング条件についてはコチラの記事にまとめてあります。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【株で儲ける仕組み3種類】
①激安な株を買う:1万円札を5千円で買う感じ
②配当を受け取る:高金利な銀行利息みたいな
③成長を予測する:有望なヒトと結婚する的な

この3つが基本です。個人的におすすめなのは、①→②→③の順に、儲ける仕組みを勉強することです。

安い株を見分けられないと、割高な株を掴まされます。

手堅い株をすら見分けられないなら、成長株など見分けられません。

難度から見てもこの順序がベストだと思います。ステップバイステップで「株で儲ける仕組み」を手に入れましょう。

– 中原良太