スポンサーリンク

ストップ高翌日、ストップ高銘柄の株価は上がる?下がる?

どうも、中原良太です。

株の短期トレードが得意で、2018年からの約3年でトレード資金を2倍に増やしました。

先日、こんなツイートをしました:

“【ストップ高の翌日、株価は上がる?下がる?】
①ストップ高の翌日は下がりやすい。追いかけ禁物
②ストップ高の直前に逆指値で買う作戦はアリ
③ストップ高の翌々日に逆指値で買う作戦もアリ
YouTubeで面白い質問を頂いたので回答。ストップ高の攻略テクは5年くらい前に本気で研究しました。"

YouTubeで「ストップ高翌日、ストップ高銘柄が上がるか下がるか教えて欲しい」というコメントを頂きました。

このツイートも好評でした。気になる方が多いようす。

そこで本記事では、このツイートを深掘りして「ストップ高翌日、ストップ高銘柄の株価は上がる?下がる」というテーマでまとめます。

ストップ高翌日、ストップ高銘柄の
株価の動き方①:翌日は下がりがち

ストップ高翌日、ストップ高銘柄の株価の動き方その1は「翌日は下がりがち」です:

“ストップ高になった銘柄は、翌日に買っても手遅れです。厳密に言うと、翌日に寄り付くような銘柄はすでに失速しているケースが多いです。期待値もマイナスでした。追いかけないのが無難。手を出すにしても信用売りのほうが勝ち目がありそうです"

ストップ高してからの株価の動きにはあるていどパターンがあります。

具体的には、「ストップ高で引ける→翌日に高く寄り付く→日中から引けにかけて反落する」という流れです。

だから、自分の持ち株がストップ高になり、引けまでストップ高を維持しているときは、翌日まで持ち越すのが有利なことが多め。

一方、ストップ高銘柄は、「ストップ高した翌日の寄り」が天井になるケースが多いです。追いかけて買ってもだいたい儲からない。

まれに、ストップ高の翌日以降も、連続して終日ストップ高する場合もあります。この場合、翌日に買えば儲かります。

ただ、終日ストップ高した銘柄を買うのは至難のワザです。ストップ高銘柄は「比例配分」というルールで配分されます。

だいたいの場合、儲かることが読めるような銘柄は、買い注文を出した人の中でも買えません。

要するに、まとめると「ストップ高翌日に買えないほど人気な株はよく上がるし、ストップ高翌日に買えない株は儲からないし買っても損する可能性が高い」ってことですね。

うーん。残念。

ストップ高翌日、ストップ高銘柄の
株価の動き方②:直前は逆指値が有力

ストップ高翌日、ストップ高銘柄の株価の動き方その2は「直前は逆指値が有力」です:

“値上がり率ランキングなどでストップ高寸前の銘柄を見つけたら、ストップ高ギリギリのところに逆指値を入れて「先回りして買う」という作戦もあります。約定できないケースも多いので何ともですが、仮に全て約定できた場合は、過去の成績はいいです。"

ストップ高した銘柄を「後追い」するのは儲からない。では、ストップ高しそうな銘柄を「先回り」する場合はどうでしょうか。

過去のデータ上は、この手の取引は儲かりやすいようです。ストップ高翌日に追いかけて買うよりも勝ち目はあるでしょう。

具体的なやり方としては、「ストップ高の一歩手前の直前に逆指値買い注文を入れて、ストップ高直前に買う」という作戦です。

ただし、過去のデータ通りの株を買えるかはビミョーです。実践しながら、自分なりの勝ちパターンを作る必要がありそうです。

ストップ高翌日、ストップ高銘柄の
株価の動き方③:翌々日も逆指値が有力

ストップ高翌日、ストップ高銘柄の株価の動き方その3は「翌々日も逆指値が有力」です:

“ストップ高の翌日は、だいたい株価が下がります。その場合、翌々日に改めて高値を更新したときが買い場です。ストップ高の翌々日に、ここ3日の最高値を更新したあたりで株を買うとうまくいくみたい。ただし、スリッページも大きいので注意。"

もっとも現実的な線がこのあたり。

ストップ高翌日に株価が下がった銘柄も、翌々日になると息を吹き返すことがあります。

そんな銘柄が高値を更新したあたりは買い場となることが多いです。

これはテクニカル分析でいう「カップウィズハンドル」というチャートパターンです。

カップウィズハンドルとは、「取っ手のあるカップ(コーヒーカップみたいな形)」をしたチャートの形を示します。

ストップ高銘柄を狙うときには、この「カップウィズハンドル」が相性が良い。

カップウィズハンドルが現れてはじめて買いを検討するくらいがちょうど良いと思います。

そのためには、ストップ高銘柄を、翌日、翌々日までチャートで追いかけると良いでしょう。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【ストップ高翌日、ストップ高銘柄の株価は上がる?下がる?】
①ストップ高の翌日は下がりやすい。追いかけ禁物
②ストップ高の直前に逆指値で買う作戦はアリ
③ストップ高の翌々日に逆指値で買う作戦もアリ

ちなみに、「ストップ高銘柄を買った後、どうやって売れば良いの?」と気になると思います。

過去のデータ上は、「1日でも下がったら翌日に売り」とか「前日の終値を割り込んだら逆指値で売り」といった手法が有効みたい。

ストップ高をつかんだ人を見かけると、「いいな〜。自分も儲けたいな〜」と羨ましい気持ちになります。

とはいえ、がむしゃらにストップ高を追いかけても儲かりません。というか損をします。

ストップ高銘柄にうまく便乗したい方は、本記事を参照してみてはいかがでしょう。自分なりにアレンジして、さらに改良してみてください。

– 中原良太