スポンサーリンク

[9/16]日経平均株価チャート分析:JASDAQが絶好調

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

日本株は上昇トレンド継続です:

おかげさまで含み益も増えています。JASDAQ平均は6月来の高値を更新していて、順風満帆ですね。

足元の市況を受けて「これから株を買おうか?」と悩む方も多いでしょう。

そこで本記事では、足元の主要指数のチャートから「目先の見通し」を考えていきます。

また、今回はTwitterでとても好評だった「失敗する個人投資家の2大特徴」というテーマで特集します。

Sponsored Links

チャート:JASDAQが絶好調

まずは短期の見通しから。結論からまとめると「上昇トレンド継続。ガッチリホールドで上昇相場についていくのが良い」と考えます。

日本株の主要指数は「いちど上がり始めると上がり続けやすい」「下がり始めると下がり続けやすい」傾向があります。

いま、主要指数は大型株も新興株も上昇トレンド。軒並み上がっていて、大型株でも新興株でも勝ちやすい地合いだと思います。

ただ、9/15には大型株が反落しました。市況が弱くなったときは振る舞い方を間違えると損をしやすいので注意しましょう。

そこで以降では、指数を確認しながら市場別の勝ちやすい立ち回りを考えていきましょう。

いつもどおり、主要指数のチャートを確認していきます。確認するのは日経平均株価、日経JASDAQ平均、マザーズ指数の3つです。

まずは日経平均株価のチャートから:

9/15、日経平均株価は反落。ただ、先週末から株価は堅調で、終値は5日線を上回っています。上昇トレンド継続です。

同じく大型株指数のTOPIXも5日線超え。こちらも上昇トレンドです。

心配なこととしては、9/15に日経平均株価とTOPIXが反落した点です。日経平均株価はいいのですが、問題はTOPIXの反落です。

TOPIXは、前日比がマイナスとなった翌日には下がりやすい傾向があります。なので、念を見たいヒトは、1日くらいは様子見しても良いでしょう。

それでも、大型株は軒並み上がっています。一時的に伸び悩むことはあっても、この機に乗じて出遅れ株を買えば上手くいきそうです。買いスタンスです。

つぎは日経JASDAQ平均のチャートです:

9/15、日経JASDAQ平均は6月来の高値を更新しました。絶好調です。文句なしの上昇トレンド。この調子でグイグイ上がってくれそうで楽しみです。

僕自身、週明けにJASDAQの株をたっぷり買ってホールドしています。おかげさまで含み益が出てホクホクです。

指数が上がっている限りは、だまってホールドしているのが鉄板でしょう。

さいごがマザーズ指数のチャートです:

9/15、マザーズ指数も上昇。終値は5日線を上回っており、こちらも上昇トレンドです。

マザーズもいい感じに上がってきました。新興株もJASDAQとマザーズ両方とも好調です。

ただ、マザーズは東証一部の影響も受けやすいです。足元ではTOPIXが反落していて、これがマザーズ指数の足かせになる恐れもあるでしょう。

なので、心配なヒトは1日〜2日、様子を見て良いでしょう。あまり気にしないヒトは、上昇トレンドに身を委ねても良いでしょう。好み次第です。

Sponsored Links

トピック:失敗する個人投資家の2大特徴

ここでは、人気だったツイートをご紹介します。今回ご紹介するのが以下のツイートです:

株式投資は「敗者のゲーム」と呼ばれています。つまり、「大きなミスをしたヒトから負けていくゲームだ」ということです。

何より大事なことは「大きな勝利を勝ち取ること」以上に「大きな落とし穴に落ちないこと」なんです。

だから、「落とし穴に落ちやすいヒトの特徴を知って、とことん避ける」のがすごく大事です。

落とし穴に落ちやすいヒトの典型例1つ目が「せっかち」です。

お金持ちになるために、大した利回りは要りません。年率5%でも、60年も運用すれば資産は16倍になります。

年率が15%もあれば、5年で2倍。60年あれば4096倍です。100万円が元金なら、60年後には40億円です。これだけあれば十分ですよね。

「1年で資産が10倍になりました」とか。大きな数字を正義だと思い込んでいるヒトですね。これがけっこう危ないです。

大きな数字が危ないのは、その裏に必ず大きなリスクやウソ(詐欺)が潜んでいるから。せっかちなヒトほど投資ではやられる印象がありますね。

落とし穴に落ちやすいヒトの典型例2つ目が「思考放棄」です。

カジノに行ったとき、「どんなポーカーテーブルにつけば勝ちやすいか?」と想像してみましょう。

何も考えてなさそうなヒトのテーブルにつけば、カモにできそうですよね。思考が安直なヒトは先回りしやすく、カンタンにカモにできます。

悪質な仕手筋なんかだと、自分が買った株をカモに勧めて値を釣り上げ、それから売り抜ける…なんてことをしているヒトもいるようです。(いわゆる株価操縦、相場操縦というやつです)

「せっかち」と「思考放棄」。この両方は絶対に避けなきゃいけません。

かくいう僕自身、疲れているときとかは「なんも考えたくない!」と思考放棄に陥ることがあります。これは誰でも落ちる落とし穴なので、日頃から気をつけないといけませんね…。

Sponsored Links

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【日経平均株価の今後の見通し】
◯チャート:JASDAQが絶好調
◯トピック:失敗する個人投資家の2大特徴

さいわい、「失敗する個人投資家の2大特徴」は賛同してくれるヒトが多かったです。

僕のリスナーさんやフォロワーさんはレベルの高い方ばかりなので、こういった基本を大事にするヒトが多いんでしょうね。どんなに腕が良くても、基本が抜けてちゃ知識やスキルが腐ってしまいますからね…。

– 中原良太