スポンサーリンク

株のトレードを管理・記録するおすすめアプリ

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

先日アップした「株式投資を記録するおすすめノート術」がけっこう人気でした。

この延長として、「おすすめのアプリ」をまとめてツイートしたところ、これもなかなか好評でした:

本記事ではこのツイートを深堀りして、「株のトレードを管理・記録するおすすめアプリ」というテーマでまとめます。

Sponsored Links

株のトレードを管理・記録する
おすすめアプリ①:エクセル

1つ目のおすすめアプリは「エクセル」です:

表管理ソフトの大定番がエクセルです。僕は日々の損益をエクセルで管理して、投資法別のパフォーマンスを集計しています。

ちなみに僕の場合は、最低でも月に1回、「今月のトレードで一番の失敗は何だったか?」「なんで失敗した?」と振り返るようにしています。

たまに「株を取引しっぱなし」で、何の振り返りもしない人がいます。これは本当によくないです。

過去の経験を将来に活かすか、それとも腐らせるか。その違いは「きちんと成功や失敗を振り返り、未来につなげるか」にかかっています。

Sponsored Links

株のトレードを管理・記録する
おすすめアプリ②:手帳

2つ目のおすすめアプリ?は「手帳」です:

アプリじゃないですが、やはりアナログも欠かせません。

特に僕の場合、考えを図にしてまとめる癖があります。PCで図を描くのはしんどいので、アイデアをまとめるときは手書きです。

さいきんは、手書きのノートをiPhoneと同期できるノートもあるみたいですね。機会があったら、取り入れてみようかな。

Sponsored Links

株のトレードを管理・記録する
おすすめアプリ③:OneNote

3つ目のおすすめアプリは「OneNote」です:

OneNoteは、英単語をパラパラめくる単語帳みたいな感じで、アイデアを整理するのに使っています。

アイデアは、1つだけだと大して使えないのですが、組み合わせることで一気に輝くことがあるんです。

なので、大事なアイデアをまとめておいて、定期的に「どう組み合わせると面白そうか?」と考えるようにしています。

Sponsored Links

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【株のトレードを管理・記録するおすすめアプリ】
①取引はエクセルで管理:損益や取引内容は一覧にする
②アイデアは手帳で管理:手書きが一番考えがまとまる
③手帳がないときは?:僕はOneNoteにメモを取ります

稼ぐトレーダーとヘボトレーダーの違い。

一番の差は「試行錯誤の量」です。稼ぐトレーダーは試行錯誤の質と量とスピードが半端じゃありません。

トレードの記録や管理は「超地味」ですが、こういう泥臭いことまでちゃんとやる人が、やっぱ成功してるんだよなぁ〜。

– 中原良太