スポンサーリンク

<新登場!>日本でもっとも有望な成長産業を発見?

※PR記事です。嫌いな方は閉じていただければと!

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

日本の上場企業の数はおよそ4000社。この会社を細分化すると、だいたい480産業※くらいのビジネスがあります。
※東洋経済が公表する業種細分類の産業数

「480産業」

これだけたくさんの産業の中から、「ナンバーワン」の成長産業を見つけることができたら、ボロ儲けできるでしょう。(たぶん)

◆  ◆  ◆

「480産業の中の、ナンバーワンを知りたい」

ここ数カ月、僕はずっと夢見てきました。

ただ、自分で調べるのは骨が折れます。なにせ、480産業も調べなきゃいけないのです。

1から480まで数をかぞえるだけでも大変なのに、それだけの量の産業を調べるなんて考えられませんでした。

「誰か、調べてくんねぇかな…」
「そして、僕にこっそり教えてくんねぇかな…」

と、妄想にふける日々を送りました。しかし、そんなお人好しは、誰一人現れませんでした。

◆  ◆  ◆

ナンバーワンが分からないまま月日は流れ、気づけば2カ月が経っていました。

いつまで経っても、有望な産業を教えてくれる人はいませんでした。

ついに、僕はしびれを切らしました。

「ええい、誰も調べないんだったら、自分で調べてやる!」

そうして、僕は重い腰を上げ、「日本でもっとも有望な成長産業はどこか?」という難題に取り組むことにしました。

◆  ◆  ◆

「480産業」の調査は難航しました。

はじめは、数が多すぎて「何から調べれば良いか分からない」という状態でした。

特に難しかったのが、「一時的に流行しているだけの産業」と、「必然的に成長している産業」の区別です。

一時的に流行している産業は、たとえ今は株価が上がっていても、これから株価が上がるとは考えられません。

そういう産業ではなく、「これからも株価が上がり続けるだろう」と感じる、確固たる根拠がある産業はなかなか見つかりませんでした。

◆  ◆  ◆

調査をはじめて1カ月。

8月12日の深夜2時。480産業をざっと調べ終えた僕は、ついに有力な産業を3つ見つけました:

※ふだんはこんなツイートしないのですが、興奮してつい呟いてしまいました。

◆  ◆  ◆

この3つの産業のうち、特に魅力的な産業が1つありました。

そこで僕は、「どうやったら、この産業で手堅く利益を出すには、どうやって銘柄を選別すれば上手くいくのだろうか?」と考えました。

研究に研究を重ね、ついに「5年で2〜3倍」くらい狙えそうなスクリーニング法ができました。

「5年で2〜3倍」という数字はテキトーに示したものではありません。試しに、2014年11月〜2019年11月の5年間でシミュレーションもしました。

その結果が以下のとおりです:

シミュレーションでは、なるべく「偶然上がった株」や「仕手っぽい上がり方をしている株」が混じらないように気をつけました。

シミュレーションの結果、このスクリーニング法を使うと「企業の実体が2〜3倍に成長していて、上がるべくして株価も2倍〜3倍に上がった株」がごろごろ出てきました。

実験は大成功でした。

◆  ◆  ◆

この銘柄スクリーニング術は、そう難しいものではありません。小学生レベルの計算と、最低限の会計用語さえ知っていれば誰でも使えます。

「純利益」や「PBR」、「自己資本比率」といった、基本的なワードの意味が分かっていれば十分です。

僕はこういう銘柄発掘術を毎月あみ出し、我が家の資産運用に次々に取り入れていっています。

実績もしっかりしています。いまではさらに業界分析を進め、自分なりのアレンジを進めているところです。

◆  ◆  ◆

今回この記事を書いたのは、この「僕が注目する成長産業」と「スクリーニング術」を、あなたに差し上げようと思ったからです。

この投資法を収録した「資産運用ニュースレター【9月号】」が、こないだ完成しました。

9月限定で、このニュースレターを500円で差し上げます。

https://stockforecast.jp/letter/letter.pdf
<9月限定>限定100セット

ただし、少数精鋭でサポートしているので、受け取れる方は【先着100名様まで】、初回に限ります。

また、これは月刊誌なので受け取れるのは【9月29日まで】です。期限を過ぎたら受け取れないので、予めご注意ください。

なくならないうちに、今すぐ手に入れてください!

– 中原良太

 

PS

2つだけ、前もってご理解いただきいことがあります。

1つ目。

2カ月前、我が家に娘が生まれました。いまは夜泣きが大変で、サポートに遅れが出ています。

それもあり、ニュースレターは必ずお届けしますが、たぶん遅れが出てきます。お届けまで3週間くらいかかります。

なので、せっかちな方は申し込まないでください。少数精鋭でやっていることもあり、いまのスピードが限界です。ごめんなさい。

2つ目。

当たり前ではありますが、この方法はあくまで僕が「良い!」と思った投資法であって、成果を約束できるものではありません。

過去のデータにもあるとおり、損をすることもあります。だから、過度な期待をしないように。あくまで参考程度に、自己責任でお役立てくささい。

以上の2点です。

とはいえ、内容には自信があります。5年くらいの期間で、「ほどほどのリスクで大きなリターンを狙う」には、うってつけだと思います。

僕が編み出した投資法の中でも、これはピカイチです。娘のジュニアNISA口座が開けたら、我が家でも使う予定です。

この考えに共感してくれるなら、良い学びが得られるでしょう。

https://stockforecast.jp/letter/letter.pdf
<9月限定>限定100セット

このニュースレターをを受け取れるのは9月だけ。

サポートできる人数には限りがあるので、先着100セットに限らせていただきます。無くなってしまう前に、早めに申し込んでください。

いまから一緒に、未来に向けて種を蒔きませんか?