スポンサーリンク

[9/7〜]日経平均株価チャート分析:損切りすべき?

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

先週末、アメリカ株が急落しててビビりました。首相の辞任の次はアメリカ株の急落。ここ2週間、心臓に悪い週末が続きますなぁ:

日本株の主要指数は軒並み下落トレンド入り。「損切りすべきか?」と悩む方も多いでしょう。

そこで本記事では、日経平均株価のチャート分析などに基づき、「目先の見通し」を僕なりに考えていきます。

また、今回はTwitterで毎週行っている「フォロワーの売買動向調査」についてまとめます。

Sponsored Links

チャート:損切りすべき?

まずは短期の見通しから。結論からまとめると「全指数が下落トレンド入り。いったん退却して仕切り直すのが無難」と考えます。

日本株は、短期では「指数がいちど下がり始めると続落しやすい」という傾向があります。この現象は特にいまの時期(下半期)に強力です。

いま、日本株の指数は軒並み下落トレンド入りしています。このような状況では、「株を持たずに現金を持ってジッとしている」のが無難だと考えます。

とはいえ、肝心な指数を確認しないことには、判断は下せません。そこでこれから、日本株の主要指数のチャートを確認していきます。

確認するのは日経平均株価、日経JASDAQ平均、マザーズ指数の3つです。

まずは日経平均株価のチャートから:

9/4、日経平均株価は反落。終値は5日線を割り込み、下落トレンド入りしました。

もう1つの大型株指数TOPIXも同じ。9/4に反落して、終値が5日線を割り込み、下落トレンド入りしました。

大型株指数は2つとも下落トレンド入り。特にTOPIXは5日線を割れると弱気に傾きがち。「大型株を売り抜ける」のが基本と考えます。

ただ、短期では下落トレンド入りしていますが、両指数は200日線を割れていません。もう少し長い目で見ると「上昇トレンド」です。

目先1週間くらいは伸び悩みそうな地合いですが、もう少し長い目でみると伸びそうでもあります。ある程度の経験者は、押し目を拾うのも一つでしょう。

つぎは日経JASDAQ平均のチャートです:

9/4、日経JASDAQ平均は反落。終値が5日線を割り込みました。下落トレンド入りです。

日経JASDAQ平均は長期のチャートよりも短期のチャートのほうが大事です。終値と5日線と25日線の位置関係でその後の動きがまるで変わります。

日経JASDAQ平均が終値が移動平均線を割ると、目先1週間ほど伸び悩みやすいです。続落が怖い人は、今が逃げどきに見えます。

僕自身、JASDAQの短期銘柄をたっぷり持っています。週明けに損切りして、現金を確保する予定です。仕切り直しです。

さいごがマザーズ指数のチャートです:

9/4、マザーズ指数は急落。終値は5日線を割り込みました。下落トレンド入りです。

マザーズは、日本株の中でも特に順張りが有利な市場です。特に大事なのがロスカットです。市況が悪くなったときは、手仕舞いが1日遅れるとけっこう危ないです。

指数が5日線を割り込んだ今、マザーズ銘柄はひとまず退散するのが無難でしょう。

「指数が25日線を割れるまで粘る」という作戦もアリです。ただし、この場合は、10%くらいの含み損を抱える覚悟が必要でしょう。

ちなみに、僕にはそんな大きな含み損を抱える覚悟はありません(笑)。なので、週明けには手持ちのマザーズ銘柄は売る予定です。

Sponsored Links

トピック:フォロワーの売買動向

次は今日の特集です。結論からまとめると「Twitterフォロワーは中立。しばらく相場は膠着状態が続きそう」と考えます:


※ご協力ありがとうございました!

8月中に行った4回のアンケートでは、やたらと「買い越し」が多くて違和感を覚えました。

「もしかすると買い越しの意味を勘違いされてないか?」と思ったので、集計方法を少し変えました。

具体的には、買い越しには「株を買った、売り建てを減らした」という補足を書き加えました。これで以前よりも勘違いが減ると思います。

補足を書き加えたことで、9月第1週のアンケート結果は8月よりも弱気に傾きました。こっちが実質的な集計結果な気がします。(にしても強気ですが笑)

8月の経験則的には、「フォロワーが買い越した翌週は株価が上がりやすい」という傾向がありました。

集計方法を変えたので何ともですが、この傾向が続くとしたら9月第2週は「中立」で臨むと上手くやれそうですね。

Sponsored Links

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【日経平均株価の今後の見通し】
◯チャート:損切りすべき?
◯トピック:フォロワーの売買動向

Twitterのアンケートについては、8月と9月とで集計方法を変えています。アンケート結果がけっこう変わったので、使い方を改めて考え直す必要がありそうです。

引き続き、JPXのデータなどと照らし合わせて使い方を考えていきます〜。

– 中原良太