スポンサーリンク

[8/26]日経平均株価チャート分析:大相場が来る?

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

日経平均株価とTOPIXが6月来の高値を更新しました。夏枯れ相場で夏のボーナス相場を超えるとは思っていませんでした:

僕の読者層は、たぶん「すでに株をたっぷり買いました!」という方が多いハズ。先日のアンケートでもそんな結果でしたし。

だから、「含み益がたっぷり出ていてニヤニヤ」という感じじゃないでしょうか。

それと同時に、「もうちょい利回りを上げるために何かデキないかな?」と悩む人も多いと思います。

そこで本記事では、足元の日経平均株価のチャート分析などに基づいて、日本株の今後の見通しについて考えていきます。

また、今回は「上昇相場で利回りを引き上げるためのチェックリスト」を特集します。僕も実践しているテクニックなのでぜひご活用ください。

Sponsored Links

チャート:大相場が来る?

まずは短期の見通しから。結論からまとめると「大型株も新興株も軒並み高。大相場入りの前兆かも?(だと良いな)」と考えます。

いまは月末。月末の時期は給料日の絡みで株価が上がりやすいと言われます。実際、新興株にはその気配があります。海外では「Pay-day Anomaly(給料日アノマリー)」なんて呼ばれていますね。

日本株はふたたび大型株と新興株の足並みが揃ってきました。こういう時期は「株を買ってさえいれば儲かりやすい」ので、なるべく参加したいところ。

僕も短期取引用の資金は株式100%のほぼフルポジションです。

日本株は短期では足元に市況に振り回されやすいです。具体的には、「指数が上がり始めると続伸しやすい」「下がり始めると続落しやすい」傾向があります。

また、軒並み指数が上がってるときには「特に強い指数」に便乗することで、利回りをアップしやすいです。

そこで今回も、主要指数のチャートを確認し、市場ごとの取引方針を考えていきいましょう。

いつもどおり、日経平均株価、日経JASDAQ平均、マザーズ指数のチャートを確認していきます。

まずは日経平均株価のチャートから:

8/25、日経平均株価は6月来の高値を更新しました。上昇トレンド復活。かなり強力なので目先1カ月くらいは上がりそうです。

もうひとつの大型株指数であるTOPIXも、6月来の高値を更新しました。大型株の指数は軒並み強いですね。

ここからしばらく、インデックス投資の無双モードに入りそうです。株を買い持ちしないと置いてけぼりを食いそう。持てるだけ株式を買い持ちしておくと良さそうです。

つぎは日経JASDAQ平均のチャートです:

8/25、日経JASDAQ平均も6月来の高値を更新しました。

8月以降、JASDAQ平均の勝敗は前日比基準で「16戦12勝4敗」です。やはり新興株が強いときのJASDAQはめちゃ強いですね。

この指数が上がっている限り、日本株は安泰な気がします。僕も今週、JASDAQの銘柄を新規買いしました。続伸に期待します。

さいごがマザーズ指数のチャートです:

8/25、マザーズ指数は反落しました。けっこう大きめな反落だったので怖いですね。

ただ、マザーズ指数の終値は、まだ5日線を下回っていません。上昇トレンドが崩れた感はないので、基本は「ホールド/様子見」で良い気がします。

ちなみに、僕は8月初めに株を全力買いして、ひたすらホールドを続けています。これ以上買い増しはできないので、「上がった株を売る→下がった株を買う」と回転売買して利回りアップを目指します。

Sponsored Links

トピック:利回りアップのチェックリスト

今回の特集は「上昇相場で利回りを引き上げるためのチェックリスト」です。ざっと結論からまとめると大事なポイントは3つ:

大事なポイントは3つあります。

1つ目が「買い持ち」すること。

上昇相場で利益を出せないそもそもの原因は「株を買い持ちしていない」ことです。株を持っていないか、空売りしてる人は、そりゃ上昇相場では儲けにくいです。

2つ目が「景気敏感」です。

良くも悪くも、ディフェンシブ株は景気に振り回されにくいです。振り回されにくいということは、相場が上がるときには、大して上がりません。

上昇相場でガッツリ稼ぎたい場合は、「景気に振り回される株」を持つのが基本。いわゆる景気敏感株がベターです。

3つ目が「買い替え」です。

相場が上がると、ベストな投資先もコロコロ変わります。持ち株が2倍になったら、まだ上がってない割安株に乗り換えるほうが上手くいきますよね。

ちなみに僕は、上昇相場で稼ぐ人に「信用取引で株をガッツリ株を買う」のはおすすめしません。リスクが高すぎてアブないです。

信用取引を使うくらいなら、買い替えの練習をしたほうが良いです。これがうまくなるだけでも、利回りは1.5倍くらいまでアップできると思います。

Sponsored Links

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【日経平均株価の今後の見通し】
◯チャート:大相場が来る?
◯トピック:利回りアップのチェックリスト

夏枯れが強い年は、年内にバブルが来ることがよくあります。

これから大相場入りするかもしれません。というか来てほしい。ワクワクしてきましたなぁ!

– 中原良太