スポンサーリンク

[8/17〜]日経平均株価チャート分析:強気継続

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

8月第2週の日本株は絶好調でした:

※利益確定の話はナシでいきます。持ち越したほうが良さげだったので。

おかげで僕も、8月は100万円以上プラスです。好調な相場を受け、「いつ利益確定しようかな?」と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで本記事でも、足元の日経平均株価のチャート分析などに基づいて「目先の見通し」を僕なりに考えていきます。

また今回は、先週に引き続いてツイッターで行った「売買状況の独自調査」について、特集として取り上げます。

Sponsored Links

チャート:強気継続

まずは短期の見通しから。結論からまとめると「強気継続。トレンドが崩れるまでは短期銘柄はホールドが良い」と考えます。

そろそろ夏枯れが一段落します。夏枯れ以降から年末までは、「市況に忠実に、下僕(しもべ)のように振る舞う」のが上手くいきやすいです。

特に、日本株は、短期では足元の市況に振り回されやすい傾向があります。具体的には「いちど強くなると強気が続きやすい」傾向があります。

いま、足元の市況は全指数が強気。ひとまずこの動きについていくのが吉でしょう。

ここで気になるのが「どんな株を買うべきか?」という点。この点を知るためにも、市況のチェックが欠かせません。

そこで今回も、主要株指数のチャートをそれぞれ見ていきましょう。いつもどおり、日経平均株価、日経JASDAQ平均、マザーズ指数を確認していきます。

まずは日経平均株価のチャートから:

8/14、日経平均株価は続伸。高値をふたたび更新しました。日経平均株価は高値を更新してからが強いので、しばらく続伸に期待します。

8/14、もう1つの大型株指数であるTOPIXはヨコヨコ。ただ、終値が5日線と25日線を両方とも上回っていて、こちらもいい感じです。

日経平均株価とTOPIX。この2つを組み合わせると、8月第3週は「大型株は活況な1週間になりそう」と感じます。

つぎは日経JASDAQ平均のチャートです:

8/14、日経JASDAQ平均も続伸。終値は5日線と25日線を上回っています。あと一歩で7月来の最高値を更新しそうな勢いです。

JASDAQ平均は、移動平均線の方向感が整うと強気になりがちです。勝率は五分五分ですが、伸びる時は大きく伸びると期待できます。

さいごがマザーズ指数のチャートです:

8/14、マザーズ指数も続伸。7月来の高値を更新しました。終値は5日線と25日線を両方とも上回っています。

8月に入って、マザーズ指数はすでに10%近く上がっています。あまりに強気なので、一時的には押し目もあるかもしれません。

ただ、一時的に押しても、終値が5日線を下回らない限りは買いに入るチャンスだと考えます。

ちなみに、僕は先週に「1銘柄を利益確定+1銘柄を新規買い」しました。

すでにフルポジションなので、買い越すことはできません。足元では大型株も新興株も強気です。どちらを買ってもうまくいきそうです。

Sponsored Links

トピック:フォロワーは買い越し

次は今日の特集です。結論からまとめると「フォロワーは買い越し。この動きに8月第3週は強気が有利かもしれない…?」と考えます。

先週、Twitterで、「8月第1週はどんな取引をしましたか?」というアンケートを取りました:

ちなみに、僕のフォロワーは特殊なようで、個人投資家というより、海外投資家に似た立ち回りをしているようです:

海外投資家は、株をゆっくりゆっくり買い増していく傾向があります。なので、彼らの動きに順張りすると上手くいきやすいです。

仮に僕のフォロワーが海外投資家に似た振る舞いをするのならば、このアンケート調査には順張りするのが上手くいきそうですね。

そこで、今週も最新のアンケート調査を行ってみました。その結果がコチラ:

先週に引き続き、今回も買い越しが多めでした。マザーズ指数と連動している感じですかね。

まだ2回目なのでなんともですが、「順張りすると上手くいきそう」な気がしますね。

Sponsored Links

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【日経平均株価の今後の見通し】
◯チャート:強気継続
◯トピック:フォロワーは買い越し

相場が上がっていると、含み益がでて気持ちいいですね。報われると「諦めずに、株を続けていて良かった」と感じます。

こういう時期は1年の中でも短いです。ぞんぶんに喜びを味わいます。損をした苦しみや、鳴かず飛ばずのときのほうが多いので…。

– 中原良太