スポンサーリンク

株式投資の情報サイトおすすめできない3つ

2020年8月15日

どうも、中原良太です。

失敗ばかりの投資家・トレーダーですが、なんとか準富裕層入りを果たしました。

株式投資の情報サイトは「ノイズ」が多く、どんなに良い情報に恵まれても、大きな取引で地雷を踏んでしまえば水の泡です。

だから、「参考にしたほうが良い情報」よりも「参考にしないほうが良い情報」を知っておくほうが役に立ちます。

そこで以下のツイートをしたところ、好評でした:

“【長期投資で参考にしない方が良さげな情報源】
①値上がり率ランキング:株を買うなら上がる前
②人気銘柄ランキング:株を買うなら人気が出る前
③検索数ランキング:株を買うなら目立つ前
この3つ。全てがダメという訳じゃないですが、この3つは地雷源に近いので注意が必要です。僕は避けます。"

本記事では、このツイートを深堀りして、「株式投資の情報サイトおすすめできない3つ」についてまとめます。

株式投資の情報サイトおすすめできない
その1:値上がり率ランキング系

株式投資の情報サイトおすすめできないその1は「値上がり率ランキング系」です:

“爆上げしている株を見ると、「これからも上がりそう」と思うもの。ですが、実際は逆です。株価はよく、企業価値よりも早いペースで伸びるます。これがいわゆる「バブル」です。すべてのバブルは、いずれ弾けます。追いかけるより、避けるべきです。"

前から目をつけていた株が上がると、「はやく買わなきゃ!」と慌ててしまうもの。

でも、これは危ない。株が上がったということは、割高になったということです。よって「縁がなかった」と割り切るのが本筋です。

株式投資の情報サイトおすすめできない
その2:人気銘柄ランキング系

株式投資の情報サイトおすすめできないその2は「人気銘柄ランキング系」です:

“値上がり率ランキングと同じ。優待が人気の株とか。人気な株は、すでに株価が上がったあとです。僕らが買うべきは「株価が上がる前」の株であって、「上がった後」の株ではありません。いま人気がなくても、これから人気になりそうな株が狙い目。"

人気銘柄を「使っちゃいけない」訳じゃないです。ここで言いたいのは「使い方を間違えると危ない」ということです。

玄人のトレーダーなどは、優待の人気銘柄ランキングとかよく見てます。

これは、人気銘柄をその場で買うためではありません。次のチャンスで先回りするためです。

彼らは、「来年のこの時期、たぶんまたこの銘柄は人気が出るから、先回りして買おう」と考えます。

そして、人気銘柄ランキングをそのまま鵜呑みにする人は、彼らの格好のカモにされるでしょう。

株式投資の情報サイトおすすめできない
その3:検索数ランキング系

株式投資の情報サイトおすすめできないその3は「検索数ランキング系」です:

“テレビなどで特集された株は検索数がドッと増えることがあります。ランキングに載る前にすぐ買うならありかもしれません。ですが、載った後に買うのは手遅れ。株を買う時には、「自分より高い値段を払って、誰が買ってくれるか?」を考えてから買うべき"

ラーメン屋でイメージすると分かりやすいかも。

僕らが探すべきは「長い列が作られているけど、別に味も値段もフツーなラーメン屋」ではありません。

本命は「入りはほどほどだけど、味も値段もピカイチな隠れた名店」を見つけることです。こういう店は入りやすいし安いしウマい。最強です。

株も同じように考えるのがセオリーです。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【株式投資の情報サイトおすすめできない3つ】
①値上がり率ランキング
②人気銘柄ランキング
③検索数ランキング

総じて言えることは「人が群がっている株はだいたいウマくない!」ということですね。

同じ人の群がりなら、暴落してる株に注目したほうが良いと思います。あるいは、まだ群がっていない株に目を向けるのがセオリーです。

– 中原良太