スポンサーリンク

[8/10〜]日経平均株価チャート分析:買い信号

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

先週、日本株は大きく上がりました。特にマザーズ指数は1週間で8%も上がりました:

反発した日本株を見て、「そろそろ買い戻そうかな、どうしようかな?」と悩む人もいるでしょう。

そこで本記事では、足元の日経平均株価のチャート分析などに基づいて「目先の見通し」を僕なりにまとめます。

また今回は、ツイッターで行った「売買状況の独自調査」について、特集として取り上げます。

Sponsored Links

チャート:新興株に勝機アリ

まずは短期の見通しから。結論からまとめると「マザーズが7月来の高値を更新。新興株に勝機アリ」と考えます。

おなじみですが、いまの主な判断材料は3つあります。これらを以下に列記します:

【いまの相場状況まとめ】
◯夏枯れ:下がりやすい
◯決算:暴落したら逆張りで買うチャンス
◯市況:いちおう上昇トレンド

この3つのうち、「夏枯れ」と「市況」は強力。かろうじて「市況」のほうがパワフルです。

決算ラッシュは銘柄によって影響はまちまちです。(後日、攻略法をまとめた記事をアップします)

日本株は短期では足元の市況に振り回されやすい傾向があります。具体的には「長いものに巻かれる」とうまくいきやすいです。

よって、目先を見通すには市況のチェックが欠かせません。そこで今回も、主要株指数のチャートをそれぞれ見ていきましょう。

いつもどおり、日経平均株価、日経JASDAQ平均、マザーズ指数を確認していきます。

まずは日経平均株価のチャートから:

8/7、日経平均株価は反落。終値が5日線と25日線を両方とも割れてしまいました。トレンドは下方向。続落に注意したい地合いです。

ちなみに、もう1つの大型株指数であるTOPIXは、終値が5日線を上回っています。こちらは悪くない。

日経平均株価とTOPIX。この2つを組み合わせると、8月第2週「大型株は方向感に欠ける、伸び悩む1週間になりそう」と感じます。

つぎは日経JASDAQ平均のチャートです:

8/7、日経JASDAQ平均は横ばい。終値はかろうじて5日線と25日線を上回っています。トレンドは上向き。続伸が期待できます。

JASDAQ平均は、5日線と25日線が転換して、パーフェクトオーダー(終値>5日線>25日線)となりました。

JASDAQ平均は、移動平均線の方向感が整うと強気になりがちです。勝率は五分五分ですが、伸びる時は大きく伸びると期待できます。

さいごがマザーズ指数のチャートです:

8/7、マザーズ指数は続伸。7月来の最高値を更新しました。終値は5日線と25日線を余裕で超えています。

8月第1週、マザーズ指数は8%も上がりました。かなり強気です。一時的な反落に気をつけつつ、この上昇気流に乗りたいところです。

ちなみに、中原は8月第1週に株を買い、週明けはホールドを続ける予定です。新興株のトレンドが続く限り、便乗する作戦でいきます。

Sponsored Links

トピック:売買状況の独自調査

次は今日の特集です。結論からまとめると「個人投資家は買い越し。売りシグナル。買い急がないのが無難」と考えます。

先日の動画で、「個人投資家の動きには逆張りすると上手くいきやすいぞ!」という話をしました。これがけっこう人気でした:

ただ、この投資部門別売買状況は、1週間遅れでしか見られません。リアルタイムの情報が欲しいのに、これは痛いです。

そこで、「Twitterでアンケートを取ったら、リアルタイムのデータが得られるのでは?」と考えた僕は、こんなアンケートを取りました:

このアンケートでは、8月第1週(先週)の株取引の結果を集計しました。回答してくれたのは283人いました。

なお、アンケートに協力してくれたのはおそらく僕のフォロワーです。僕の発言をもとにコピートレードする人もいるでしょう。

僕は先週、やや強気でした。なので、アンケートに協力してくれた人も、すこし「強気に偏っている」可能性がある点にご注意ください。

また、株式投資家は、もともと「買い派」が多く、「売り派」は少ないです。なので、常に買い越しに偏りがちな点もご留意ください。

(あと、冷かしの回答も、一定数いると思います)

アンケートを見ると、8月第1週は「買い越し」と「中立」の人が多かったです。

個人投資家は資金量が少なく、「いちど買ったらしばらく買えない」ひとが多いです。

なので、「買い越し」が多かったときは売りシグナルと考えるのがセオリーでしょう。

8月第1週は買い越しが多かったので、「いまから株を新規で買う」のは少しやりにくく感じます。

足元の地合いは強いです。なので、いちおう地合い的には買っても良い場面。アンケートと合わせて考えると、「出口を決めて引け腰で買う」(あるいは現状維持)くらいがちょうど良さそうです。

Sponsored Links

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【日経平均株価の今後の見通し】
◯チャート:新興株に勝機アリ
◯トピック:売買状況の独自調査

今回の独自調査、好評なようなら今後も続けます。木曜日に発表されるオフィシャルの数字を照らし合わせたり、その後の指数の動きと照らし合わせてみたりして、使い方を模索していきます…。

– 中原良太