スポンサーリンク

[8/7]日経平均株価チャート分析:買い出動

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

8/6朝に株を買ったところ、買ったとたんに相場が下がり始めました:

7月以降、これで3戦3敗の予感がします。伸び悩む日本株を見て、「損切りすべきか?」と悩む方も多いでしょう。

そこで本記事では、日経平均株価のチャート分析などに基づき、「目先の見通し」について僕なりにまとめます。

また、今回はJPXが公開している「投資部門別売買動向」について、基本的な読み解き方についてまとめていきます。

Sponsored Links

チャート:首の皮一枚でトレンド継続

まずは短期の見通しから。結論からまとめると「首の皮一枚でトレンド継続。持ち株はホールドしていてOK」と考えます。

まず、ざっと8月相場を振り返りましょう。要点をまとめるとこんな感じ:

【いまの相場状況まとめ】
◯夏枯れ:下がりやすい
◯決算ラッシュ:荒れやすい
◯市況:いちおう上昇トレンド

この3つのうち、「夏枯れ」と「市況」は強力。かろうじて「市況」のほうがパワフルです。決算ラッシュは銘柄によって影響はまちまちです。景気敏感株はかなり荒れるので注意。

特に、日本株は短期では足元の市況に振り回されやすい傾向があります。具体的には「長いものに巻かれる」とうまくいきやすいです。

つまり、相場が上がり始めたら「上昇気流に乗る」と上手く行きやすく、下がり始めたら「下降気流から降りる」といい感じです。

目安としては、指数の終値と5日線の位置関係を見ておくと良いでしょう。

そこで今回も、主要株指数のチャートをそれぞれ見ていきましょう。日経平均株価、日経JASDAQ平均、マザーズ指数を確認していきます。

まずは日経平均株価のチャートから:

8/6、日経平均株価は反落。が、終値は5日線の上を保っています。反落はしたものの、上昇トレンドは継続です。

もう1つの大型株指数TOPIXも同じ。TOPIXの終値は5日線を上回っており、こちらも上昇トレンドです。

足元では、大型株は「米国株の値上がり」と「円高」に板ばさみにされている印象です。

米国株はもう一段くらい上がりそうなので、米国株と連動しそうな銘柄を持っておくと上手くいくかもしれません。

次は日経JASDAQ平均のチャートです:

8/6、日経JASDAQ平均は反落。ただ、終値は5日線と25日線の上を保っています。新興株も上昇トレンド継続です。

8/6のローソク足が陰線なのがすこし気持ち悪い。ですが、基本は買いスタンスで臨んで問題なさそうです。僕は買い持ち中。

最後がマザーズ指数のチャートです:

8/6、マザーズ指数も反落。が、週前半の勢いが強かったので、まだまだ上昇トレンド継続です。

例年、8月は「新興株がボロボロ」な傾向があります。この点だけが気がかりなのですが、地合い的には買っても良さそうです。

僕自身、8/6に株を買い、含み損中です。ただ、まだ上昇トレンドが続いているので、いまのところはホールド。市況が崩れるまでは粘ります。

Sponsored Links

特集:投資部門別売買動向の読み方

今回の特集は「投資部門別売買動向の読み方」です。結論から言うと「個人には逆張り、海外には順張りが上手くいきやすい!」と考えます。

8/6の夕方頃、以下のツイートをしました:

投資部門別売買動向とは、「誰が株を買ってて、誰が株を売ってるのか?」を表すデータです。足元で誰が強気で、誰が弱気なのかを見ることができます。

データの公開はだいたい1週間遅れです。毎週第4営業日(通常は木曜日)に日本取引所グループが公開しています。

データを見たい方は、公式ページからご覧ください。

このデータは、AAIIセンチメント的な使い方ができます。(AAIIセンチメントについて知らない方は、NYダウの予想記事をご一読ください)

具体的には、「個人投資家が買い越した翌週には売りが有利、個人投資家が売り越した翌週には買いが有利」と考えられます。

個人投資家は余力が小さいことが多いので、買い越しをずっと続ける」とか「売り越しをずっと続ける」ことがやりにくい。

なので、個人投資家の動きには逆張りするのがセオリーです。

また、「海外投資家が買い越した翌週には買いが有利、海外投資家が売り越した翌週には売りが有利」と考えられます。

海外投資家とはいわゆるプロのこと。プロは潤沢な資金を持つことが多いので、「ゆっくり買い続ける」「ゆっくり売り続ける」という動きになりがち。

なので、海外投資家の動きには順張りするのがセオリーです。

上のツイートでは、7月第5週は「個人が買い越し、海外が売り越し」だったので、8月第1週は「下がりそうだな」と感じます。トレンドは上方向ですが、ダマシっぽいのが気がかりですね…。

Sponsored Links

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【日経平均株価の見通し】
◯チャート:首の皮一枚でトレンド継続
◯トピック:投資部門別売買動向の読み方

ふと思ったのですが、投資部門別売買動向が1週間遅れなのは、ちと遅すぎますよね。毎日更新してくれないのかしら。

以前、ツイッターで「給付金の受け取り状況」をアンケートしました。

これと同じ要領で、「先週は買い越しましたか?」みたいなアンケートをすれば、AAIIみたくリアルタイムのデータが取れるかも。

Twitterのフォロワーもだいぶ増えてきたので、似たようなデータが取れるかもしれません。週末あたりに、ためしにやってみようかな。(ご協力いただけるとありがたいです!)

– 中原良太