スポンサーリンク

[8/3〜]日経平均株価チャート分析:暴落時の対応まとめ

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

先週末、日本株が全面安となりました。僕の持ち株も大きく下がっています:

急に下がった日本株を見て、ビビっている方も多いでしょう。「これからどうしよう?」と悩む方も多いと思います。

そこで本記事では、日経平均株価のチャート分析などに基づいて「今後の見通し」を僕なりにまとめます。

また、相場が大きく動いたので、「株が暴落したときの対応」について特集していきます。

Sponsored Links

チャート:暴落

まずは短期の見通しから。結論から言うと「全面安の危険信号。株は買わずに現金多めで対応するのが無難」と考えます。

この結論に至ったポイントをまとめるとこんな感じ:

◯夏枯れ:8月は株価が下がりやすい
◯地合い:全市場が軒並み下落トレンド
◯決算:悪い決算が続々と出てくる予感

特に怖いのが新興株。4〜6月にかけて、新興株は「コロナも乗り切れそう!」という期待感からグイグイ買われました。

ですが、今の決算発表ラッシュでは、期待に応えられない決算も出てくるでしょう。興ざめされて売られる銘柄も増えそうです。

日本株は、市況によって目先の動きが振り回されやがち。特に、「指数が下がり始めると、しばらく下がり続けやすい」傾向があります。

なので、足元の市況のチェックは欠かせません。そこで、いつもどおり指数のチャートを確認していきましょう。

いつもどおり、日経平均株価、日経JASDAQ平均、マザーズ指数の3指数のチャートを見ていきましょう。

まずは日経平均株価のチャートです:

7/31、日経平均株価は大幅安。ここ1カ月の最安値を更新しました。終値が5日線と25日線を割り込んでおり、下落トレンド入りです。

先週末は大きく下げたので、一時的には反発しそうです。とはいえ、戻りが弱く、5日線や25日線を回復しないようなら、すぐ弱気に戻るでしょう。

また、TOPIXも下落トレンド入りしています。大型株は、TOPIXが弱くなると一気に弱くなる傾向があります。続落に注意しましょう。

つぎは日経JASDAQ平均のチャートです:

7/31、日経JASDAQ平均は1.56%安でした。同指数が1%以上下がると、個人投資家が大損していることが多いです。かくいう僕もその一人。しんどい時期が続きますね。

同指数は、いちど下がり始めるとズルズル下落が長引く傾向があります。むやみに手を出すと損をしそうです。

よほどの勝算がある銘柄以外は、手を出さないのが無難でしょう。

さいごはマザーズ指数のチャートです:

7/31、マザーズ指数も下落。同指数の終値も5日線と25日線を割り込みました。

他の指数と比べ、マザーズは4〜6月に爆上げしてきました。上げ幅が大きかっただけに、下落余地も膨らんでいます。

また、マザーズ指数は、他指数と比べて逃げ足が早いので要注意。下がるときには一気に、大きくくると考えられます。

現時点、僕は短期銘柄は持っていません。「死なばもろとも」の長期銘柄だけを持ち、まったりじっくり臨みます。

Sponsored Links

トピック:株価暴落時の対応まとめ

今回の特集は「株価暴落時の対応まとめ」です。要点をまとめると以下のとおり:

ちなみに、「乗り換え」でやりがちな失敗に、「下がった株を損切りし、まだ下がってない株に乗り換える」という失敗があります。

これは、悪手につながりやすいので注意。

暴落時にもっとも下がった株は、反発時にもっとも上がります。逆に、暴落時に下がらなかった株は、反発時にも上がりません。

仮に、株を乗り換えたとたんに相場が反発し始めると、「損するだけ損をして、反発を取り返せない」なんてことになりかねません。

暴落の経験が浅いうちはやりがちな失敗です。含み損にビビって、感情的に取引しないように気をつけましょう。

Sponsored Links

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【日経平均株価の今後の見通し】
◯チャート:暴落
◯トピック:株価暴落時の対応まとめ

さいごに1つだけ補足。

暴落時に失敗するのは、だいたい「自分が株を買った理由があいまい」だからです。

株を売るときの基本は「買う時の逆」をやるだけです。たとえば、こんな感じ:

①株価が割安と思って買うなら、高くなったら売る。
②業績が良いと思って買うなら、悪くなったら売る。
③市況が良いと思って買うなら、悪くなったら売る。

相場が暴落したときは、①は損切り不要。②はケースバイケース。③は暴落前に損切りです。

ここをごっちゃにすると上手くいかないので注意。暴落でパニックになる人は、ここをおさえられていないことが多いです。

つまり、買った時点で準備不足。この時点で、負けが決まってるようなモンなんですよね。株を買う前に、しっかり準備した人が勝つのだと思います。

– 中原良太