スポンサーリンク

株初心者が大損してメンタルがやられる原因と、含み損に耐えるメンタルの鍛え方

2020年6月7日

どうも、中原良太です。

これまで株で何度も大損しました。それでも、何度も立ち上がって、なんとか準富裕層の仲間入りを果たしました。

先日、リスナーから「株で負けてメンタルがやられました。どうやったら立ち直れますか?」というメールが届きました。

そこで、同じ悩みを抱えている方も多いはず!と思い、以下のツイートをしたところ好評でした:

“【「負けが込みメンタルがやられた」人の2つの問題】
①メンタルがやられる時点で運用法に対する理解が甘い
②大して経験もないのにリスクを取り過ぎている
株で落ち込んでいる人をたまに見かけますが、睡眠が阻害されたら特に注意。投資でメンタルを振り回されている時点で何かが間違っています。"

そこで本記事ではこのツイートを深掘りして、「株初心者が大損してメンタルがやられる原因と、含み損に耐えるメンタルの鍛え方」というテーマでまとめていきます。

株の大損でメンタルがやられる原因と
含み損に耐える鍛え方①:理解を深める

メンタルの鍛え方その1は「運用法に対する理解を深める」です:

“株取引にリスクはつきもの。「想定どおりに損をした」場合、メンタルはやられません。メンタルがやられるのは、「自分の手法の弱点すら知らなかった」「欲が先走り、損をする覚悟できてなかった」のいずれかが原因。どちらも準備不足です。"

株にリスクはつきもの。だから「損をする」ことは誰でも想像がつきます。

少し前、ホリエモンこと堀江貴文さんが「想定の範囲内」という言葉を使い、流行語大賞を受賞しましたが、これと同じです。

想定していた損を受けても、メンタルがやられるはずがありません。損をしてメンタルがやられるのは「想定外の損」をしてしまうからです。

だから、「想定外」を減らせば、自ずとメンタルは鍛えられていきます。自分の運用法の弱点を知り、腹をくくれば自ずと強くなります。

株の大損でメンタルがやられる原因と
含み損に耐える鍛え方②:リスクを抑える

メンタルの鍛え方その2は「リスクを抑える」です:

“未経験者に足りないのは「失敗」の経験です。失敗慣れしていないと、失敗を避けたり、立ち直る方法が分かりません。失敗に慣れないうちに大金を賭けると、予想だにしない方向からパンチを喰らいます。だから、少額から練習しておく必要があります。"

これは1つ目の延長です。「想定外」を減らすには、最低限の経験が要ります。経験もなしに、すべてを想定するのは無理だからです。

だから、どんな天才であろうと、熟達していない事にいきなり大きく賭けるのは間違っています。あれこれ失敗を経験し、想定外をなくしてから、大きく賭けるのが大事。

この順序を間違えて、いきなり大きく賭けると、足元を救われてサイフもメンタルも崩壊することになります。

補助輪もなしにいきなり自転車にのる練習をさせる親がいたら「スパルタ過ぎないか?」と思いますよね。転んで怪我をする可能性もありますから、まずは小さく練習していくことが大事です。

まとめ

本記事をまとめると以下のとおり:

【株初心者が大損してメンタルがやられる原因と、含み損に耐えるメンタルの鍛え方】
◯運用法に対する理解が甘い→想定外を減らす
◯大して経験もないのにリスクを取り過ぎている→手順を踏む

ここさえ間違えなければ、だいたい上手くいきます。メンタルがやられる人の根本理由は「欲張り」や「せっかち」ですから、トレーニングしながらこの2つ抑えるようにしましょう。

僕自身、痛い目にあうときはだいたいこの2パターンに当てはまります。この2点は初心者だろうが経験者だろうが、どんなレベルでも大事な話だと思います。お互い、気をつけましょうね…。

– 中原良太