スポンサーリンク

株で儲ける人と損する人の特徴と違い

2020年5月24日

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

僕はこれまで個人投資家やトレーダーの方と、何百人と会ってきました。これだけ出会うと、株で儲ける人と損する人の特徴と違いが分かってきます。

株でなかなか儲からないと「儲ける人と自分の違いは何なのだろう?」と気になるものです。

そこで本記事では、僕の経験も交えて「株で儲ける人と損する人の違い、差、特徴」についてまとめていきます。

株で儲ける人と損する人の違いは「忍耐力」

回りくどい話は抜きにして、いきなり結論から行きましょう。株で儲ける人と損する人の違いは「忍耐力」です:

ツイートで紹介しているのは投資の神様バフェットの言葉。あくまで「格言」ですが、このことばは経済学的にも実証されています。

「忍耐力」の違いは、さまざまな分野で現れて出てきます。大きなところとしては「用心深さ」と「知的探究心」と「努力を積み上げる量」です。

「せっかちな人」は損をします。損をする理由はいくつかありますが、大きな理由は「用心深さが足りない」点でしょう:

逆に、「忍耐強い人」は得をします。得をする理由としては「知的探究心が強い」のと「努力を積み上げる量が多い」という点でしょう:

はじめのうち、この3つの差は小さいです。ですが、少しずつ差が積もっていき、時間とともに複利で膨らんでいきます。

Sponsored Links

まとめ

話をまとめると、以下のとおり:

【株で儲ける人と損する人の違い】
◯大きな差は「忍耐力」
◯忍耐力の差が「用心深さ」「知的探究心」「努力の積み上げ」の差につながる

さいごにひとつ付け加えるなら、株式投資で成功する人は間違いなく「自己責任」が分かっていますね:

武田信玄は「一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言い訳が出る」と言いました。

愚痴や言い訳を漏らす人を見るたび、僕はこの言葉を思い出します。投資の成功とは対極ですね。

「忍耐力の差が成功と失敗を分ける」。このことを肝に銘じて、僕自身も投資で失敗しないように気をつけていきます…。

– 中原良太