最悪のタイミングで株を売買する人のメンタル要因3つをカンタン解説

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

先日、こんなツイートをしたら反応が良かったです:

このツイートは、僕が自分で忘れないための備忘録(びぼうろく)としてつぶやきました。つぶやきながら自分の胸をえぐるような気持ちになって辛かったです(苦笑)

ちなみに、このツイートでは「学ばないバカは死ぬのみ」なんて煽っていますが、「学ばない」という部分はけっこう重要です:

フォロワーさんに「怖いよ…」と言われましたが、大事なことなのでキツめの表現を使いました。僕自身、自分で自分のキズをえぐっていたので、グサリと響いた方もいたんじゃないでしょうか。

そこで今回は「最悪のタイミングで株を売買する人の3パターン」についてガッツリまとめていきます。この手の「失敗しないための学び」はめちゃくちゃ価値があります。共有すべき学びは共有していきますぜ。

Sponsored Links

最悪のタイミングで株を売買する人のメンタル要因3つをカンタン解説

先ほどのツイートでも書きましたが、大事なポイントは以下の3つです:

①リスクの取り過ぎでメンタル崩壊
②「未来が分かる」という自信過剰
③「損を取り戻す」という焦燥感

以降では、それぞれのポイントについて深堀りして解説していきます。

1つ目が「リスクの取り過ぎでメンタル崩壊」です:

ありがちな例が「借金をして株を買う」とか「手を出しちゃいけないカネに手を出す」などです。

リスクを取り過ぎる最悪の例が、「追証」にかかって最悪のタイミングに損切りさせられる…などです。これは直接的なもの。

ただ、間接的だけど深刻なのが2点目で「リスクを取り過ぎると冷静で居られなくなる」という問題があります。

「何も考えられなくなる脳みそ縛りプレイ」では、おのずと株式投資でも判断ミスにつながります。

特に、「頭では分かっているけど身体がついてこない系」もリスクの取り過ぎ。自分の許容量に合わせて運用するのが大事です。

2つ目が「「未来が分かる」という自信過剰」です:

これは自分のことを棚に上げてて滑稽です。そもそも未来など予測できたら、自分はすでにお金持ちのハズ。

でも、そうじゃない一般人が「自分には未来が分かる」と勘違いしてしまうから不思議です。

この手の勘違いをしたら、だいたい失敗する前兆です。即断即決で判断するのではなく、いったん考えを寝かせた方が無難です。

3つ目が「「損を取り戻す」という焦燥感」です:

「損を取り戻したい」という考えは人間の本能のようなものなんで、気を抜くとすぐにポッと表れてきます。

僕自身、コレはけっこー当てはまっていて、今年3月にガツンと損をしたときは、この焦燥感を抑えつけるのに必死でした。

ただ、株取引においては「大きく動くべきとき」は、そう多くありません。だいたいは「小さく動く」のが正解なので、焦って大きく動き過ぎないよう気をつけるのが良いかと。

Sponsored Links

どれか1つでも満たせばアウト

今回の話を改めてまとめるとこんな感じ:

①リスクの取り過ぎでメンタル崩壊
②「未来が分かる」という自信過剰
③「損を取り戻す」という焦燥感

そして、最後にちょいとだけ補足でコメントします:

「3つのうち1つしか当てはまらないから大丈夫」という考えは甘すぎ。間違いです。1つでも満たせばアウトです。

だからこそ、3つ全てを遠ざけるようにしましょう。僕も気をつけます…。

– 中原良太