スポンサーリンク

[4/30]日経平均株価の見通し:原油暴落、でも僕は株を買います。

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

原油暴落が止まりません。なのに、株式市場は底堅い動きを続けています。不思議な値動き。相場は分からないことだらけです。

「原油暴落にビビッている」のは僕だけじゃないはず。そこで今回は原油暴落を受けての今後の投資についてまとめていきます。

Sponsored Links

短期的な見通し:新興株の上昇気流に乗る!

新興株は「原油暴落なんてどこ吹く風」状態です。ヒヤヒヤする値動きですが、こんなときは「長いものに巻かれる」とうまくいきますw

短期的には「相場の上昇気流に乗っておく」のが吉だと考えています。とくに新興株の値上がりがすごいので新興株が狙い目かと。

まずは足元の市況から確認していきます。日経平均株価から確認しましょう。日経平均株価のチャートは以下のとおり:

日経平均株価はイマイチ伸び悩んでいます。4/17の高値をふたたび更新したら、また強気に転じてくれそうですね。

日経平均は「25日線を上回っている限り強い」という傾向があります。なので、株を持っていても良いとは思いますがドカンと稼げそうな地合いではないですね。

微妙な日経平均株価にたいして、新興株はイケイケドンドンです。こっちの方がいまは稼ぎどきかもしれません。

参考までに日経JASDAQ平均のチャートを確認してみましょう:

日経JASDAQ平均は明確に1カ月高値を更新しました。新興株はイケイケドンドン相場復活!という感じですね。

JASDAQ平均は、終値が5日線を上回っているときはボーナスタイムが続きます。反落するまでの間は株を持っておくと美味しいでしょう。

そして、極めつけがマザーズ指数です。マザーズ指数のチャートはこんな感じ:

JASDAQ平均以上に、マザーズ指数は強気です。ついに75日線を上回るところまで来ました。4月に入ってから新興株の人気が凄いです。

原油価格が例年、連休前は「株を持ち越したくない」という人が増えます。だから株価は伸び悩むと思っていました。でも今年は違うようです。

いまの新興株は人気がすごいです。JASDAQやマザーズの銘柄が軒並み上がっていたので、ふたたびストップ高を掴むことができました。

僕は今みたいな地合いで、「まだ上がっていない出遅れ株」を買って、上昇相場の波に乗るのが好きです。おかげさまで絶好調です。

相場の調子がよいときは、ちょくちょくストップ高を掴みます。もう数えるのも面倒なので、適宜、掴んだときに報告することにします。

また、値上がりした銘柄は10%かそこらで利益確定して、出遅れている株に乗り換えていけたらと。短期では数こなして利益を狙います。

Sponsored Links

長期的な見通し:保有銘柄の点検・整理を!

長期的な見通しとしても僕は少し楽観へと傾いてきました。全力で株を買う訳ではありませんが、「マラソンくらいのペース」で順次株を買い増していくつもりです。

僕が楽観へと傾いた1つの要因が「米国の個人投資家が弱気になった」ことですね。このときのNYダウが足元では底だと思います。

とはいえ、たとえ株価が底打ったとしても、足元の問題は何も解決していません。新型コロナも原油安もひどい有様がつづいています。

それでも、株価が値上がりしています。これはおそらく、「リスクが見えてきたから」です。

並の神経をしている人からすれば、「リスクが見えたら株を売るべきでは?」と感じるかもしれません。ですが、現実は逆です。

リスクが見えたら対策を練ればOK。それで問題は解決できます。たとえば、原油価格に振り回されない株にお金を避難すれば十分です。

現実は期待通りにはいきませんが、「期待を裏切られても稼ぐ道」さえ見つけておけば問題ありません。これがうまく立ち回る秘訣です。

株式投資での問題は常に「見えていないリスク」です。見えていないリスクは予測ができないので、「備えておく」ことしかできません。

これは自然災害に備えるのに似ています。「地震やスーパー台風はいずれくるけど、いつ、どの程度のものが来るか」は分かりません。

だから、僕らにできることは、「大きな嵐に備えておくこと」だけです。できる限りの備えをしておいて、来なければ幸運を祝えばOK。

よって、今すべきことは「新型コロナ」と「原油安」の2つに持ち株が耐えられるか?という点検作業。危ない場合は乗り換えです。

まず第一に、新型コロナの影響については足元の決算が赤字でなければ「保有継続でOK」(増収増益できていればなお良いですね。)

第二に、原油安については有価証券報告書をチェック。投資先が原油を売っている場合は危ないので乗り換えも考えてみて良いかと。

また、「原油安メリット」の投資先についても、そう楽観しないほうがよいかもしれません。なぜなら、原油会社が潰れたら共倒れを食らうからです。

僕自身、いくつか原油安メリットの株を持っています。どれも良い会社なので保有を継続しますが、しばらく買い増しは保留します。

影響を受けない銘柄は、相場に引きずられて株価が下がっているだけだと思います。僕はそういう銘柄を買い集めてホクホクする予定。

それと、給料日がやってきます! 預金残高に余裕ができるので、目をつけておいた株を、これから買い増していこうと思います。

Sponsored Links

まとめ:新興株へ波乗り+保有銘柄の点検・整理!

…ということで話をまとめると、こんな感じ:

短期的な見通し:怖いけど新興株がボーナスタイム
長期的な見通し:いま見えているリスクに合わせて点検!

波が来ているうちに、少しずつ2月〜3月の損失を取り戻していきます。少しでも含み損が減れば良いなぁ…(汗)

– 中原良太