日本銀行によるETF買い支えがひどい件

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

先日、「オリエンタルランドの株価が全然さがらなくてすごいぞ!」的な記事を見つけました。

ですが、よくよく調べてみると、オリエンタルランドの株価が人気だから下がらないのではなく、「単純に日銀が買い支えているだけじゃね?」という説が濃厚でした。

オリエンタルランドの株価は5%ほどしか下がっていないのですが、大して同社の大株主である京成電鉄の株価は25%ほど下がっています。

この2つの会社の企業価値は連動しているハズなのですが、両者でここまで差が生まれたのには違和感を感じざるを得ませんでした。

同社に限らず、値上がり中の銘柄は「ビジネスが強固だ」と素直に解釈するのではなく、「何か裏があるのでは?」と疑うのが良さそうです。

日本銀行によるETF買い支えのせいで安く株を買うチャンスを根こそぎ持ってかれてしまいます。ほんと邪魔な存在です。やめて欲しいわ…。

さいきんは米国でも同じことが起きていて、ビリオネアのハワード・マークス氏も激おこぷんぷん丸みたいですね。

Sponsored Links

これまでの収支報告(4月23日時点)

手持ちの株も徐々に戻してきており、新たに利益確定して浮いたお金で買い付けた割安株も値上がりしてくれています。いい感じ、いい感じ。

不幸中の幸いですが、持ち株のいくつかがストップ高になってくれたおかげで、今回はほとんど損をせずに済みました。ラッキーでした。

また、原油価格も落ち着いてきました。パニック売りされた株式も、だんだん通常運転へと戻ってきました。

新興株市場も息を吹き返しつつあります。JASDAQ平均はまだ5日線を回復していませんので断定するには早いですが、ひとまず安心です。

まだ割安株はたくさんありますので、引き続き投資のチャンスを拾っていけたらと思います。

【これまでの資産変動】
4/21終値→4/23終値:±0万円(反映遅れあり)
2020年:▲597万円(4月23日時点、反映遅れあり)
2019年:+433万円
2018年:+68万円

– 中原良太