【2020年4月版】大不況に強い!!おすすめのキャッシュリッチ株3選

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

やっと、給料日です(嬉)
毎月、僕はこの日を心待ちにしています。

それもこれも贅沢をするため…ではなく、
「安い株をたっぷり買うため」です^^@

僕と同じように、
「給料が入ったから株を買うぞ〜!」
と意気込んでいる方も多いはず。

そこで今回は、
「大不況に強い!!おすすめのキャッシュリッチ株3選」
ということで、

不況に強そうな株を、
3つピックアップしました。

Sponsored Links

不況に強いおすすめ株の特徴:キャッシュリッチ

銘柄の話へと移る前に、
「どうやって銘柄を選んだか?」
を説明します。

今回は不況対策として、
「キャッシュリッチな株」
をピックアップしてきました。

キャッシュリッチとは、
「キャッシュ(現金)」が「リッチ(豊富)」
な会社のことを指します。

つまり、
「現金をたっぷり持っている会社」
のことですね。

キャッシュリッチな企業に注目したのは、
「不況ではキャッシュリッチな企業が有利」
だと考えられるからです。

というのも、

新型コロナの影響で、これから不況が来るでしょうが、
株価が低迷しやすい不況に現金をたっぷり持っていると、
「企業を安値できる!」と考えられるからです。

Sponsored Links

大不況に強い!!今おすすめのキャッシュリッチ株3選

…ということで、今回は、
「お買い得なキャッシュリッチ株」
を3つピックアップしてみます。

PERが市場平均よりも低く、財務が健全で、
キャッシュをたっぷり持っている企業を選びました。

それがコチラ:

その1:大和工業<5444>
電路の大手。独立系。
自己資本比率は80%超えでとっても健全。
記念配も現金同等物は約300億円とたっぷり。

その2:TSテック<7313>
4輪シートの部品大手。ホンダ系。
手元には1000億超えの現金同等物を温存。

その3:セイノーHD<9076>
「カンガルー便」の会社。
路線トラック輸送の最大手。
インフラ系で手堅い印象。
現金同等物は500億円以上。

Sponsored Links

以上!

これらの銘柄は、
「不況がきても倒産しにくい!」
「むしろ企業買収で成長するチャンス!」
と考えられます。

株価もそこそこ安くお買い得なので、
注目してみる価値はあると思いますよ〜!

僕自身、キャッシュリッチな企業には注目していて、
これから少しずつ買い付けていく予定です〜^^@

– 中原良太

PS

日本は手堅い会社が多いので、
キャッシュリッチな企業がたくさんあります。

良い銘柄をたくさん見つけたので、
明日も引き続き、キャッシュリッチな株を、
3つピックアップして紹介しますね〜^^@

PPS

YouTube動画でも解説しています。
ぜひご視聴くださいませ〜。