[4/15]日経平均株価の見通し:反撃開始。

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

4/14の日本株は全面高でした。
日経平均株価の前日比は+595円(+3.13%)と好調。
1カ月ぶりの高値を更新しました。

世界的に金融緩和が進められているので、

「インフレが来るだろうなぁ」

「現金を持っているのが一番危ないだろうなぁ」

「債券は低金利で利回りが低いから微妙だなぁ」

「消去法的に、株を選ぶべきだろうなぁ…」

といった具合で、
やむを得ず株高になっている気がします。

株高と同時に、4/14に東京金が上場来高値を更新しました:

「安全資産」として知られる金は、
先行きが不安なときに買われがちです。

とはいえ、

金には重たいし柔らか過ぎて使えない、
ただピカピカ光るだけの金属に過ぎません。

金を持っていれば10年後にムクムク膨らんで、
「10倍に増えてた!」なんてこともありません。

リスク分散として買う分には良いでしょうが、
複利の利回りは低いでしょうから、
やはりいま買うなら株でしょう。

Sponsored Links

短期の見通し:今週いっぱいは続伸か

ひとまず足元の市況は悪くありません。

日経平均株価のチャートを見てみましょう:

日経平均株価は1カ月来の高値を更新し、
終値は5日線と25日線を上回っています。

嬉しいことに、日経平均株価は、
「高値を更新している」局面はかなり強気になります。

25日線をふたたび割り込むまでは強気が続きそうなので、
目先1週間は短期トレードで稼ぐチャンスになりそうですね。

次に、日経JASDAQ平均のチャートも見てみましょう:

日経JASDAQ平均は7日連続でプラス。
いい具合に値上がりが続いています。

日経JASDAQ平均は、
「上がったら上がる」「下がったら下がる」
という、すなおな動きをしやすいです。

しばらくJASDAQ市場は、
値上がりが期待できそうですね。

ここ数日で僕の持ち株も、
2銘柄ほどストップ高になりました。

これらの銘柄を利益確定して、
「まだ上がっていない出遅れ株」へとお金を移し、
これから貪欲に利益を狙っていきます。

Sponsored Links

長期の見通し:決算発表延期がチャンスになるかも?

一方、日経平均株価が高値を更新してしまったので、
長期投資用の株を買い付けるにはやりにくいですね。

とはいえ、

日経平均株価は年初比でまだ−20%ほど。

「1カ月高値」を更新したのは事実ですが、
年初と比べてお買い得な状況には変わりません。

それに、

4月後半〜5月前半は決算発表ラッシュの時期です。

今年は新型コロナウイルスの影響で、
「決算発表を延期する」会社が、
続出する可能性もあります。

「決算発表が延期される」と言われると、
先行きが不透明で何だか怖く感じます。

その一方で、

どこで読んだか忘れましたが、
「業績予想を発表していない会社ほど割安になりやすい」
なんて記事を見かけた記憶があります。

「先行きが不透明」なときほど株は買われにくく、
割安な株が放置され続け、チャンスが続きやすいとも期待できます。

「休日前は不安だから買わない」とか、
「決算発表前は不安だから買わない」とか、

この手の投資家心理には逆張りすると上手く行きやすいので、

これからしばらくは、
割安株をハンティングする、
良いチャンスが続くかもしれません^^@

マクロを予測するのは難しいですが、
個別株で見れば割安株はチラホラ出てくるでしょうが、
安い株を見つけるごとに買い付けるのが良いと考えます!

僕自身、今月末にお給料が入ったタイミングで、
目をつけていた割安株を買い付けようと画策中です。

株式市場が平常運転に戻ってきましたので、
従来の投資戦略が使いやすくなってきたと思います。

これからゆっくりと、
これまでの損を取り戻していくぞ〜!

– 中原良太

PS

YouTube動画でも解説しています。
ぜひご視聴くださいませ〜。