スポンサーリンク

日本経済の最悪シナリオは万人にとって悲惨

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

新型コロナウイルスの影響で、
「不況が来る!」という話が目に付きます。

たしかに、

新型コロナウイルスにより、
すでに"倒産"した会社もちらほら。

もともと業績が振るわなかった会社や、
大きなリスクを取り借金漬けだった会社は、
文字通り"とどめを刺された"格好です。

先日もTweetしましたが、
特にリアルなビジネスはしんどいですね:

現況を受け、

世界政府はすでに動き出していてですね。
カネをばら撒き金融緩和を始めました。

果たして、金融緩和で解決できるのでしょうか…?

そこで今回は、
「日本経済の最悪シナリオは万人にとって悲惨」
と感じたので、あれこれまとめてみました。

今回は、
「金融緩和で経済が息を吹き返す」という楽観的なシナリオと、
「金融緩和で経済が息を吹き返さない」という悲観的なシナリオの、
2パターンについて考えてみましょう。

Sponsored Links

「金融緩和で経済が息を吹き返す」→「一件落着」

まずは、
「金融緩和で経済が息を吹き返す」
という楽観的なシナリオから考えます。

この流れとしては、

「新型コロナウイルスによって実需が低迷」

「景気刺激策を弄してなんとか持ちこたえる」

「信用不安を回避し、実需も回復する」

「景気が元にもどってめでたしめでたし」

という具合ですかね。

多少の物価上昇は免れないでしょうが、
株式の利回りでインフレに勝てます。

このシナリオの場合は、
「いまのうちに株を買って、景気が戻るのを待つ」
のが正解と言えそうです。

もっとも楽観的なシナリオで、
全世界がこのシナリオを目指して奮闘中です。

Sponsored Links

「金融緩和で経済が息を吹き返さない」→「最悪の事態へ」

次は、
「金融緩和で経済が息を吹き返さない」
という楽観的なシナリオについて考えます。

この流れとしては、

「新型コロナウイルスによって実需が低迷」

「景気刺激策を弄してなんとか持ちこたえる」

「なんとか信用不安は回避」

「景気刺激策のせいで物価は上がったのに、
しかし実需が回復しないまま(≒スタグフレーション)」

という具合ですかね。

このシナリオの場合は、
「株価は上がらず全然儲からない」うえ、
「物価はどんどん上がり生活が苦しくなる」
という未来が待っています。

ここでのポイントは、
「株価が停滞する」というところ。

株価が下がれば安く買えるから、それで満足。
株価が上がれば利益が出るから、それで満足。

ですが、

株価が上がりも下がりもせず、
「停滞」したうえ「物価上昇」となると、

株を安く買えないうえ、大した利益も出せません。
しかもインフレに足を引っ張られてなかなか辛いです。

「現金よりは株式のほうがマシ」ではあっても、
「株式を買ってもインフレに追いつけない」という感じですね。

この場合は、投資の神様バフェットが得意な、
「インフレに合わせて商品を値上げできる堀を持つ企業」
あたりへの投資がもっとも安全になってきそうですね。
(めちゃくちゃ難度が高いので、ほとんど万人にとって悲惨です)

・・・話をまとめると、

「金融緩和が効けば株価が上がる、インフレがあってもカバーできる」
「金融緩和が効かないとインフレだけが起こり、株でも追いつけない」
という感じですかね。

個人的には、コロナ不況の影響で実需がリセットされたこともあり、
「スタグフレーションが起きる確率はけっこう高いのでは?」
なんて気もしています。

なんにせよ、、、

手元の資産を上手に運用しないと、
「気づかぬうちに大金を失ってた」
なんて可能性もありそうですね。

資産運用を学んでいない人は、
たいへんな思いをしそうです。

気をつけないといけませんね…。

– 中原良太

PS

ちなみに僕は悲観的なシナリオに備え、
資産のごく一部をバフェットの「バークシャー(BRK.B)」へ充てました:

なお、「つみたてNISA」や「iDeCo」などを使って、
インデックス投資をすることでも代用可能だと思います。

PPS

YouTube動画でも解説しています。
ぜひご視聴くださいませ〜。