スポンサーリンク

ネット証券の口座開設が急増してるぞ!

2020年4月5日

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

先日、こんなニュースを見つけました。

この記事を要約すると、
「2月以降の株価暴落を受け、株がバーゲンに!」
「これをチャンスと考え、口座開設が急増したぞ!」
という話ですね。

新型コロナウイルスが流行している中、
「なんて不謹慎なやつらだ!」なんて、
言われてしまいそうですが(汗)

とはいえ、

ギャーギャー騒いだところで感染は抑えられないうえ、
口座開設をしたところで死者が増えるワケでもありません。

「株を売りたい人」からすれば、
売りたい株を買い取ってくれるワケですから、
むしろ、ありがたい動きだと思います。

個人的にも、
「いまは日本株が10年に1度のタイムセール中だ!」
と感じておりますんで、投資を始めるには良い機会かと。

…ということで今回は、
「ネット証券の口座開設が急増してるぞ!」というネタを元に、
いま初心者にオススメの投資法について論じていきます。

日本株は10年に1度のタイムセール中!

得てして株式投資は、
「危機の後に株を買った人」が、
儲かるようにできています。

新型コロナウイルスによる経済打撃は、
「リーマンショック以上かも?」
なんて話が出ておりますんで、

リーマンショック後に株を買った人が大儲けしたように、
コロナショック後に株を買った人も大儲けできそうです。
(もちろん、相応のリスクが伴うことは覚悟が必要です)

実際、いまの日本株は、
「10年に1度のタイムセール中」
と言っても過言ではありません。

日経平均株価のPBRは、
3月27日時点で1倍を割れていますので、
「出血大サービスの大特価」で買える状態です。

Sponsored Links

ただし、米国株はまだ高い

(僕も昔はそう思っていたので恥ずかしいのですが)
「日本は人口が減っていくからもうダメだ!」とか、
「米国は人口が増えているからこれからだ!」とか、
そういった論調には注意が必要です。

ここ最近は、
「日本株よりも米国株がアツい!」
と話す人もよく見かけます。

「米国株投資」系のブログも増えており、
人気も高まっているようですね。

ですがむしろ、

「人口増大は経済にとって悪影響」というデータもあるぐらいです。
(詳しくはジャレド・ダイアモンド氏の「文明崩壊(下巻)」を参照)

仮に米国経済が優秀だとしても、

だからといって、
「割高な買い物」が、
許されるワケではありません。

僕個人としては
「米国株は高すぎる」
という見解でして。

いまの米国株は日本株ほどのお買い得感がありません。

本ブログでも、
「日本株はリーマンショック後の割安感」
「米国株はリーマンショック前の割高感」
という話を繰り返してきました。

なので、

「俺は邦楽は聴かない。やっぱ洋楽でしょ!」的な、
洋楽かぶれのミーハーじみた投資判断は危険と考えます。

やはり時代は日本株だと思います。

Sponsored Links

初心者は「インデックス投資」から始めると良いかも

それと、今からネット証券を開設する人は、
ひとまずiDeCoとつみたてNISAを使って、
インデックス投資を始めると良いでしょう。

iDeCoは所得税や住民税を抑えることができますし、
つみたてNISAでは利益への課税を抑えられます。

また、

インデックス投資は「積立投資」の一種で、
「だいたいのプロに勝てる投資法」として知られています。

よほどの投資上級者でもない限り、
「インデックス投資」以上の成果は出せないうえ、
節税効果も加えると、iDeCoやつみたてNISAは最強クラスです。

話をまとめると、

「10年に1度のバーゲン価格」である日本株投資に、
「iDeCoやつみたてNISA」などの強力な節税制度と、
「だいたいのプロに勝てるインデックス投資」を組み合わせれば、

かなり強力な布陣を構えることができます。

これからネット証券を開設する人は、
このあたりから検討すると良いんじゃないかな?

– 中原良太

PS

YouTube動画でも解説しています。
ぜひご視聴くださいませ〜。