新型コロナでREIT大暴落、これからどうなる?

2020年3月19日

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

3月19日の東京市場は不気味でした。

TOPIXや日経平均株価の主要指数は、
TOPIXは前日比+1%、
日経平均は前日比▲1%と、
大した動きはありませんでした。

これらの指数だけを見ると、
「平凡な1日」という印象でした。

一方、

これらの指数は、
「日銀の買い支えで明らかに捻じ曲げられている」
という印象が強烈でして。

というのも、

大規模な買い支え対象ではない、
新興株の指数は軒並み悲惨でした。

日経JASDAQ平均は▲2%、
マザーズ指数は▲5%、

さらに不動産に至っては最悪で、
東証REIT指数は▲19%でした。

東証REIT指数のチャートは、
まるで断崖絶壁のように下落。

このチャートを見ると、
ことの深刻さがアリアリと伝わってきます…。

(詳しいことは存じないのですが)
新興株やREITは日銀買いの規模も小さいと思うので、
これらの指数の下落が「すっぴん」と見て良さそうです。

Sponsored Links

まだ日本株は底打ちしていない?

2月〜3月と相場の下落が続きますが、
いまを日本株の「底だ」と判断するのは危ないです。

理由は2つ。

1つは、
「世界株式全体の下落トレンド入り」
です。

すでに日本株は十分に安いとは思います。
いまから株を買っても良い買い物はできるでしょう。
(僕も3月17日にちょいとばかし株を買い増しました)

ですが、

新型コロナウイルスの悪影響は、
長引けば長引くほど悪材料となるうえ、

10月にはヘッジファンドの解約売りや、
12月には節税対策売りが加速する可能性もあります。

そう考えると、
「近いうちに底打ちする」
というシナリオに賭けすぎると、

仮に下落トレンドが長引いて、
もっと株価が安くなったときに、
株を買うチャンスを逃してしまいそうです。

株価はときに理不尽に動くものですから、
「安すぎる」所まで売り叩かれることがよくあります。

そう考えると、
いま安易に凧の糸を出し切ってしまうのは、
とても賢明な判断とは思えません。

もう1つは、
「米国個人投資家が先週より強気になってきた」
という点です。

3月18日に公開された、
AAIIセンチメント調査の結果によれば、

3月11日の調査結果(Bullish:29.8%)から、
3月18日の調査結果(Bullish:34.4%)にかけ、
「今は買いだ」と判断する個人投資家が増えたようです。

これは個人的には頂けない材料でして。

長い歴史と経験を通じて思うのが、
「今が買いだ」と言うひとが残っているうちは、
まだ株を買うには早すぎることが多いんですよね。

ホンモノの買い場は、
「今が買いだ」という人が一人もおらず、
大多数が「売りだ」といったときに訪れます。

強気な人が一定数残るのが普通ですが、
3月18日の調査結果はいささか強気過ぎるように見えました。
(いま株を買っている人が、握力を失うころが買いどきに思えます…)

– 中原良太

PS

3/19の収支報告
REIT大暴落、ブラックエブリデーなんかに負けないッ!