[3/16〜19]新型コロナで株価暴落…ついに底打ちか?

2020年3月15日

妻
いまは週末がすごく平和に感じる

中原
中原
相場が動くと、どんどん含み損が膨らむからね…汗

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

3月第2週は激動の1週間でした。

前週比ベースの、
主要指数の動きを見ると、

米国のNYダウは▲10.4%、
(週末に大きく反発したので被害は小さめ)

日本株の規模別に見てみると、

大型株指数は▲14.0%、
中型株指数は▲14.3%、
小型株指数は▲15.7%、

と、どれも大きく下がりました。

僕自身も大きく含み損を抱えており、
「理不尽な値動きだよなぁ」と思いつつ、
株価を眺めていました。

Sponsored Links

暴落するほど株は安全だし美味しい

こんだけ株価が下がると含み損が辛くて、
「株を売りたい」という衝動が出てくるものです。

ですが、

そもそも株式投資とは、
「財産として株を持つこと」に、
満足するものであって、

「いま売って、安く買い戻そう」と思っても、
むやみに投げ売りするのは合理的ではありません。

当たるかどうかも怪しいです。

ロクに価値を持たないボロ株はさておき、
ギッシリ価値の詰まった株式に限って言えば、

「株は下がれば下がるほど安全だし美味しい」
ことこそが株式投資の原則です。

だから今は、
「売り時」というよりは、
「買い時」といった方が、
ふさわしいでしょう。

現に、日本株はかなーり安い。
すでにリーマンショック時のメドである、
「PBR0.8倍」程度まで株価は下がってきました。

米国株がまだ高いのが気がかりですが、
そろそろ動きはじめて良い頃だと思います。

Sponsored Links

今回の株価暴落…ついに底打ちか?

先週末、NYダウが、
過去最大の上げ幅を記録しました。

長期目線で見ると、
「株価が上がる=高いから危ない」
と考えたほうが妥当でしょう。

とはいえ、
「じゃあ、いつ買えば良いんだ?」
という話になってくる訳ですが、

リーマンショック級の暴落やら、
世界恐慌級の暴落やら、

「最悪のシナリオ」を考えていては、
いつまで経っても株を買えません。

「危険を承知で株を買う」…となると、
僕としては、こんだけ株価が下がったので、
そろそろ株を買って良い頃と感じます。

あと1回くらい、
投げ売りされるのが理想なので、
僕はまだ買いません。

自分でも、
「もう一段の下落を待つのは欲張り過ぎ」
のように感じていますが(汗)

TOPIXは先週、
「1202.94」という、
安値を記録しました。

これは2016年6月に記録した最安値、
「1192.80」に迫るお買い得価格です。

ここ5年で一番のバーゲン価格が近いので、
「そろそろ欲張っても良い頃かな」
なんて感じていますw

株を買うタイミングとしては、
仮に月曜日の日本株が弱い場合は、

「火曜日の寄り付き」あたりが狙い目になりそう。

あるいは、
「週末に株を持ち越したくない」
という動きがまだ続くとしたら、

「木曜日の10時〜11時」
あたりが狙い目と見ています。

特に今週末には祝日(春分の日)があるので、
「3連休はまたぎたくねぇよ…!」と感じる人が多そう。
バーゲンセールになると良いですなぁ…(ワクワク)

ただし、

米国株は依然として、
「リーマンショック前」の、
割高感がある水準でもあります。

なので、

「さらに株価が半分になる覚悟」
を持ったうえで買うべきでしょうが。

Sponsored Links

注意:買い過ぎないように!

…ということで、

ただし、

「今が底だ!」と決め打ちして、
株を買いすぎてしまうと痛い目に遭うかもしれません。

「相場のカネと凧の糸は出し切るな」
なんて相場格言もあります。

ほどほどに抑えつつ、欲張りたいところですね。

僕自身、着々と株を買う準備を進めています。

手元にある資産を改めて確認し、
「いくらまでなら買っても良いか?」と、
慎重に検討しているところです。

もともと、

我が家では激安な株しか買っていません。
相場が上がろうが下がろうがいずれ儲かると思うので、
正直、相場が下がるまでそう待つ必要はありませんでした。

とはいえ、

米国株が割高だったので、
かなり慎重になっていますw

僕は、NYダウが2万ドルを割り込む、
そこらのタイミングを狙います。

株を買い足して良い上限額は、
「手元資金の4〜6割まで」かなぁ…。

– 中原良太