スポンサーリンク

世界恐慌の再来か…市場に希望はあるのか?

妻
銘柄とか良いから、展望を聞かせて欲しい

中原
中原
未来がわかれば苦労はしないんだけどね…汗。展望というのは大げさだけど、しっかり現状を確認しよう

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

今回の株価暴落の影響で、
「世界恐慌の再来か?」や、
「リーマンショックを超える?」など、
センセーショナルな言葉が目立つようになりました。

未来は誰にも分からないので、
少なくとも分かっている「現状」について、
大事なところをおさえておきましょう。

今回、抑えておきたい、
今日の要点3つをざっとまとめます:

【今日の要点3つ】
◯米国株式はまだリーマンショック前に近い割高感
◯米国個人投資家はまだ全然ビビってない
◯あくまでパンデミックによる経済打撃は「一過性」

以降では、各ポイントについて、
詳しくお話ししていきます。

Sponsored Links

現状①:米国株式はリーマンショック前の高値水準

まず忘れてはいけないのが、未だに、
「米国株式はリーマンショック前の高値水準」である、
という点です。

日本株はもう十分に割安に見えますが、
いかんせん米国株が割高なので、
株を買う気になれません。

下落余地はまだまだ大きいように見えます。
ナンピン買いを急ぎすぎると、痛い目に遭いそうです。

それもあり、僕自身は下半期に入るまでは、
追加資金を投入することなく、現状を見守ることにしています。
(ただし、株式市場がバーゲンセールになった場合は別ですが)

少なくとも、NYダウが2万ドルを切るまでは様子見。

全力で参入するのは、
NYダウが1万5000ドルくらいまで、
とことん下がってからにする予定です。

Sponsored Links

現状②:米国の個人投資家はまだ全然ビビってない

そして新ネタとしては、
「米国の個人投資家がまだ全然ビビってない」
という点を補足します。

AAIIが3月11日に行った調査によれば、
「いま株を買いたい」という個人投資家は、
まだまだ多いようです。

株価が本当に底打ちするときは、
「いま株を買いたい人が誰もいなくなったとき」
に訪れるものです。(≒それ以上株価が下がらない)

まだまだ個人投資家が元気なぶん、
少なくとも米国株には投げ売りが出ていないように見えます。
市場はまだ冷静なので、下落余地は大きいと読みます。

妻
まだまだ、下がりそうってことね…。

中原
中原
うん。いまナンピン買いするのは早すぎだと思う。買うとしても、ほんの少しに留めておくべきだろうね

これだけネガティブな話をすると、
「もう市場はダメなんじゃないか?」と、
心配する方も出てくるでしょう。

そこで最後に押さえておきたいのがコレ:

Sponsored Links

現状③:あくまでパンデミックによる経済打撃は「一過性」

それは、パンデミックの影響は、
「あくまで一時的」という点です。

目先1〜2年、長くて2〜3年は、
経済が停滞するかもしれません。

でも、5年先、10年先ともなれば、
経済は問題なく復調する可能性が高いはずです。

仮に株を売るとしても、

現時点で資金を回収すべきは、
「倒産リスクの高い危険企業への投資」や、
「成長見込みから期待が先行しすぎていた企業への投資」など、
欲に負けて買っている銘柄でしょう。
(つまり、買うべきでない株を買っていた場合ですね)

投資の神様バフェットも、
「10年持ち続けたくない株は、10分すら持ってはいけない」
と言っていますので。

逆に言えば、
「倒産リスクが低い会社」や
「まだまだ株価が安い会社」など、
については、普通に投資継続で良いと考えます。

10年というのは大げさですが、僕も、
「3年〜5年は塩漬けしても良い」
と思える株しか持っていません。

だから、保有は継続します。

感情的になったり、
悲観したところで未来は変わりません。

しっかりと現実を見据え、
「ベストな投資判断とは何か?」と、
常に考え続けることが大事です。

– 中原良太

PS

【3/12の収支報告】
四捨五入で▲1000万円…