スポンサーリンク

【株価暴落中】いまオススメの株を2つ選んだぞ!

妻
株価がみるみる下がっていくよ。どうすれば良いの…?

中原
中原
ひとまず、下げ止まるの待つしかないね。十分に安くなったら、そこが最高の買い場になるハズだよ

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

面白いペースで、
みるみる含み損が増えていきます。

日本株が暴落したときには、
「1日で100万円が無くなる」
なんてこともザラです。

こうも含み損が膨らんでくると、
逆に、感覚が麻痺してきます(苦笑)

今の株価下落を見ていて、
リーマン・ショック直後の、
日本株を思い出します。

今の株式市場と違い、2009年頃の株式市場は、
「こんなに良い株が、なんでこんなに激安なんだろう…」
と思うこともしばしばありました。

当時の僕は大学生だったので、
貯金できてもせいぜい100万円が限界。

それもあり、
「株をたくさん買いたいのに、お金がない!」
という、もどかしい気持ちを経験しました。

10年経ったいま、

幸い、我が家には数千万円単位の貯金があります。
「買いたいときに株をたっぷり買える!」という、
絶好のチャンスに恵まれています。

世界経済は波乱が続いている中、
「残った弾をどうやって有効活用しようか?」
と考えているのは僕だけじゃないはず。

そこで今回は、
「いまの暴落相場でおすすめの株2選」
というテーマでお話ししていきます。

Sponsored Links

いまの暴落相場で買うなら「経済打撃が大きな会社」

妻
さいきんは、テレワークとかマスク関連の株が注目されているね。こういう株を買えば良いの?

中原
中原
いや、むしろ逆。めちゃくちゃ被害を受けている会社から選ぶのが良いと思う。僕が選ぶなら、旅行関連の会社だな。

単刀直入に、答えをお伝えします。

いまの暴落相場で買うなら、
「経済打撃が大きな会社」
がベストだと考えます。

具体的な産業としては、
「小売事業(ファッションetc)」や、
「旅行事業(斡旋etc)」を、
手掛けている会社に注目しています。

こんな話をすると、
「おいおい、中原、ついに気が狂ったのか?」
とでも言われてしまいそうですね(苦笑)

たしかに、「大衆と同じように考えれば」
こういった産業への投資は常軌を逸しています。

でも、忘れてはいけません。
「大衆に従って圧倒的な成功を収めた人」なんて、
世の中には1人もいません。

これくらい「狂っている」と見える投資判断が、
実際には「理にかなっている」こともあるんです。

Sponsored Links

いまの暴落相場は、あくまで「一過性」

妻
小売産業…!なかなか怖い所を攻めるねぇ…。

中原
中原
そうかな?いまは逆風が吹いているけど、あくまで今の状況は一過性だからね。倒産しなさそうな堅実な会社さえ選べば、良い投資になると思うよ

僕ら人間はもともと、
「長期的にものごとを考える」のが、
ニガテです。

だから、相場が暴落していると、
「いまの状況が、これからも一生続くのかも?」
なんて錯覚に陥ってしまうんです。

でも、僕らはこれまで、
幾多の苦難を乗り越えてきています。

たび重なる戦争に疫病。
次々に訪れる厄災を乗り越え、
いまなお成長を続けているんです。

一時的に株価が低迷することはあれど、
それでも市場は何度も返り咲いてきました。

(10年前のリーマンショック後、
株式はちゃんと返り咲きました)

だから、長い目で見れば、
「今回の苦難も、きっと乗り越えられる」と、
僕は確信しています。

そして、「乗り越えられる」と信じるからこそ、
いま、もっとも大きな苦難を受けている産業に
手を差し伸べるのがベストだと思います。

輝かしい実績を持つ会社の中から、
いま苦しみ、過小評価されている会社を探し、
「5年後には元に戻る」と確信を持てる所に投資するのです。

ちなみに、

投資の神様ウォーレン・バフェットは、
今回の相場暴落を受けて格安航空会社の
「デルタ航空」の株をPER約6倍で買い増しました。

僕には、いまの荒れた相場で損切りしている投資家より、
バフェットの方が賢明な判断をしているように見えます。

Sponsored Links

暴落相場でおすすめの株2選

妻
ちなみに、良ちゃんはどんな株に注目してるの?

中原
中原
ABCマートとカカクコムあたりかなぁ。

株価が下落しているおかげで、
普段だったら絶対に手を出せないような、
「ブランド企業」も買える日が近いかもしれません。

個人的に注目している株は2つ。

1つ目は、先日も取り上げた、
「ABCマート<2670>」です。

靴は粗利率の高い商品であるうえ、
同社のブランド力は国内トップクラス。

2020年3月にはここ5年間の、
最安値を更新しました。

普段だったら絶対に買えませんが、
今ならなんとか手が伸びる距離です。

2つ目は、ROEの高さが目立つ、
「カカクコム<2371>」です。

同社は、
旅行サイトや宿泊予約サイトを、
運営しているので新型コロナは大打撃。

とはいえ、

過去の実績は輝かしく、
「一時的に業績が伸び悩んだところで、
いずれまた元にもどるだろう」
と期待できます。

ただし、

まだ予想PERは25倍と高いので、
「もうちょい下がってから買いたい」
というのが本音ですが…。

…とまぁ、あくまでここまでは、
「僕の好みで選んだ2銘柄」
の話でしたw

まだまだ株価が下がるかもしれないので、
安く買うチャンスが楽しみですなぁ^^@

そのほか、

これらの株を選んだ根拠については、
YouTube動画にて解説しています。
ぜひご視聴くださいませ〜。

– 中原良太