スポンサーリンク

新型コロナによる株価暴落を乗り切る鬼3則

2020年3月12日

妻
新型コロナウイルスの影響で、難しい相場が続くね…。

中原
中原
そうだねぇ…。まぁ、新型コロナウイルスが無くても、相場はいつも難しいモンだけどねw

From: 中原良太
自宅のリビングより、、、

うちは昼ごはんと夕ごはんを、
必ず夫婦2人で揃って食べます。

最近はテレビを点ければ、そこかしこで
「新型コロナウイルス」の話で持ち切り。

「他に話すことは無いんだろうか?」
と感じてしまうくらい、どこも同じです。

とはいえ、

我が家も例に漏れず、
新型コロナウイルスの動向には、
細心の注意を払っています。

とりわけ、最近は相場も混乱しています。
僕らは夫婦は2人で大事な資産を運用しているので、
投資判断でミスをしないように気をつけております…。

夏には娘が産まれる予定なので、
「一文無しになる」なんて愚行は、
許されるハズもありません…(汗)

そんな中、

うちでは先日、
夫婦で投資方針について会議しました。

株価が暴落したときに、
「財産が減るリスクを最大限抑えて」
「増やすチャンスをがっちり掴むため」
に、投資方針を固めることにしたのです。

会議の結果、良い方針が練れました。
(もともとの方針と大差ありませんがw)

…ということで今回は、
「株価暴落を乗り切る鬼3則」
をまとめました。

あなたのお役に立てば幸いです。

株価暴落を乗り切る鬼3則①:理不尽に耐え、勝算の無い株は持たない

妻
危ない株、持ってない?

中原
中原
大丈夫。ぜんぶ【勝算あり】だなぁ

株価暴落を乗り切る鬼3則1つ目は、
「理不尽に耐え、勝算の無い株は持たない」ことです。

激安な株を買い付けた場合、
「塩漬けするという判断」は、
合理的だし正しい投資判断です。

しかし、それでも、

何でもかんでも「理不尽に」値上がりする、
上昇相場とは真逆で、

下落相場では、
何でもかんでも理不尽に値下がりし、
暴落が何度も繰り返されます。

長いときには、2〜3年くらい、
辛い含み損が続く可能性すらあります。

「激安な株を買っている」など、
しっかりとした勝算がある人の場合でも、
株価が下がって辛い思いをする可能性があります。

忍耐力が試される時期ですから、
「正しいことをしていても報われないことがある」
「正しいことをしていても株価が半分くらいになることがある」
ことに対して、覚悟を決めておきましょう。

そして当然ながら、
下落相場は厳しい時期です。

だから、
「なんとなく儲かりそう」とか、
「なんとなく雰囲気が良いから」とか、
勝算もなく株を持つ人は淘汰されます。

正しい株を持ち続けた先には、
「下落相場を耐え抜けば明るい未来」
が待っているのですが、

その一方で、

間違った株を持ち続けた先には、
「暗い暗い絶望」が待っています。

投資の神様ウォーレン・バフェットは、
「10年間株を持ち続ける気持ちが無いなら、
10分でも株を持とうなどと考えるべきではない」
という、長期投資の心構えを問きました。

僕らも、勝算の無い株は持たないようにしましょう。

Sponsored Links

株価暴落を乗り切る鬼3則②:5年単位で考える

妻
短期的には暴落しそうだから、損切りしたほうが良くない?

中原
中原
どうして「短期的に暴落しそう」なんて分かるの?

株価暴落を乗り切る鬼3則2つ目は、
「5年単位で考える」です。

初心者の方は知らないかもしれませんが、
「株価はだいたい半年〜1年先を織り込みに行く」
ものです。

これは新型コロナウイルスの一件も同様で、
最近の株価下落はコロナウイルスによる経済打撃を、
かなり深刻なものとして受け止めていることが分かります。

とはいえ、
「どこまで織り込んでいるか?」
は誰にも分かりません。

決算発表ラッシュのときを思い出して欲しいのですが、
「ポジティブサプライズの決算後に株価が暴落する」とか、
「ネガティブサプライズの決算後に株価が暴騰する」とか、
こういった動きは日常茶飯事です。

今回も同じように株価が動くと考えると、
「感染が拡大しているうちは株価が下がり続ける」
という安易な結論に行き着くのは危険です。

短期間で見ると株価の動きは、
「丁半バクチのようなギャンブル」
と似ています。

過去の株価データを集めても、
「上がった確率50%」
「下がった確率50%」
と、ほぼ一緒。

つまり、何を言いたいのかというと、
「短期で見るほど株価の予想は当てるのは難しい」
ということです。

一方、

5年くらい先のことを考えると、
「ほぼ確実に新型コロナウイルスは収束している」
という線はかなりカタイと思います。

目先のことは分かりませんが、5年くらい先となると、
「5年後くらいまでには株価は元通りになっているハズ」
という予想は、概ね正しいように感じます。

そう考えると、
「勝率5分5分の丁半博打」に参加するより、
「5年かかるけど大体当たる予想」に賭ける方が、
よっぽど確実に稼げると思うんですよ。

Sponsored Links

株価暴落を乗り切る鬼3則③:正しく逆張りする

妻
つまり、暴落が来たら買い時ってことだね

中原
中原
うん。そのときは、どん底にあるめちゃ不人気な株を買いたいね

株価暴落を乗り切る鬼3則3つ目は、
「正しく逆張りする」です。

僕が信じている原則の1つに、
「成功者は常に少数派である」
というものがあります。

僕が生まれてからもうすぐ30年が経ちますが、
「金持ちが多数派/貧乏人が少数派という社会が存在した」
という話は1度も聞いたことがありません。

成功者はいつも少数派なので、
「みんなが損切りしているから」といった理由で、
株を売るのは根拠としておかしいです。

むしろ、

成功者は
「周りと違うことをする」
からこそ成功するので、

上手に逆張りするのが大事だと考えます。

新型コロナウイルスの影響で、
一部の業種は株価が暴落しています。

とはいえ、

「新型コロナウイルスの影響は一過性」
ということを考えると、

いま、株価が暴落している業種こそ、
本当に狙いどきな株が沢山あるはず。

手堅く経営されている会社を選べば、
最高のバーゲン価格で株を買えるでしょう。

投資の神様バフェットも、
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、
みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ」
と言っています。

大衆に耳を傾けたところで、
そこからは平凡な回答しか得られません。

大事なのは、
「自分の頭で、独立した答えを出すこと」
ですよ。

いま個人的に注目している、
「業種」や「テーマ」については、
YouTube動画にて解説しています。
ぜひご視聴くださいませ〜。

– 中原良太