【実体験】妻から「株を辞めて」と言われました…

2020年2月13日

From: 中原良太
相談メールを読み終えて、、、

「夫に黙って株をやっています…」
「妻に『株を辞めろ』と言われました…」

という相談をよく受けます。

日本では、
「株=ギャンブル」
というイメージが根強いこともあり、

株に対して、
強い嫌悪感を持つ方が、
多いんですよ。

Sponsored Links

かくいう僕自身、
嫌悪感を抱かれたことがあります。

さいわい、

うちの両親は、
「なんでもやりたいことをやってみな」
と言ってくれるので、

両親からの圧力で、
悩んだことは無いのですが、

妻のときは大変でした。

彼女は株に強い嫌悪感を持っていて、
「株=ギャンブル=危ない」
と感じていました。

いま思えば、
「株=ギャンブル=危ない」
と思っていたにも関わらず、

株にまつわる仕事をしている僕と、
「よく結婚してくれたモンだ…」
と、思いますが(汗)

それもあり、

妻と結婚する前後は、
一時的に株取引を休止しました。
(注:休止した理由は他にもありますが…)

どうしても株をやりたかった僕は、
何度も妻にアプローチしました。

妻に理解をしてもらうまでには、
数年の歳月がかかりましたね〜。

Sponsored Links

パートナーが株嫌いだと、
それだけで個人投資家の方は、
肩身の狭い思いをするものです。

とはいえ、

僕ら個人投資家は、
「現金だけしか持たないことがリスク」
「株式を買わないことがリスク」
ということを分かっています。

なにせ、

現金は、
「物価が上がればみるみる価値が下がる紙切れ」
なのに対し、

株式は、
「投資先が稼ぐ限り価値が増え続ける権利収入」
ですからね。

Sponsored Links

「株式を買わずに、現金だけ持ちなさい」
というパートナーに引きずられるのは危険です。

超極端な言い方をすれば、

戦争の真っ只中で、
「敵陣に単身で突っ込んで自殺しろ」
と命令されるようなものです。

だから、

僕ら個人投資家からすれば、
パートナーの理解を得るためにも、
死にものぐるいですよね〜。

…ということで、今回は、
「株式投資でパートナーの協力を得る方法」
について、僕の経験談をお話しします。

詳しい内容については、
YouTube動画にて解説しています。
ぜひご視聴くださいませ〜。

– 中原良太