上海株連休明け暴落!日本への影響は?

2020年2月5日

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

週明け早々に、

中国株が7.7%も下がったのを見た時は、
「この調子で日本株も下がったら●百万円の損か…」
なんて考えて、正直ビビっておりました。

が、2/4。
相場が少し落ち着きましたね。

思ったより投資家たちは、
冷静だったようです。

Sponsored Links

気付けば、コロナウイルスに関する、
TVなどの報道も減ってきた気がします。

良いか悪いかは別として、

メディアは僕らの感情を、
過度に揺さぶってくるので、
距離を置いて、冷静に眺めるのが吉。

これまで何度か繰り返してきましたが、
「株式市場はそんなにヤワじゃない」ので、
黙ってホールドを継続します。

株を売るほど投資先を心配するくらいなら、
それ以上に自分や家族の命を守る方が先です。

自分や家族に対して、
「マスクをすれば何とかなる」
「手洗いうがいで何とかなる」
と思っているのに、

どうして株になった途端、
「売らないと危ない」と、
飛躍した結論に行き着くんでしょうか。

(普通に考えれば、
市場への影響は限定的だと思うんですが)

【これまでの資産変動】
1/30終値→2/4終値で+0.4%

Sponsored Links

相場が下がったときに、
底堅そうな銘柄をピックアップ:

◯味の素<2802>

僕もよくお世話になっている、
調味料の国内最大手です。

さいきんは業績がガタついており、
2016年から下落基調が続いています。

予想PERも約60倍と、
割安感もありません。

正直、
「高いなぁ〜」
と思う値段なのですが、、、

とはいえ、

食品系の会社は、
今のような相場下落時には、
かなーり底堅い傾向があるので、

大きく値下がりしたときは、
仕掛けるチャンスだと思います。

それと、

2019年3月期以降、
業績はここ10年ほどで、
最低の水準が続いていますが、

よくよく調べてみると、
今の業績停滞の主な要因は、
豚コレラによる一時的な減収のよう。

業績が復活さえすれば、
ふたたび株価も返り咲きそうです。

ここ5年間で株価も底値に近いので、
反発も期待できそうですね〜。

まとめると、

◯業績の停滞は一時的
◯相場が弱いときこそ食品株は底堅い

といった感じ。

「投資目的」というよりは、
「投機目的」に近い選別ですが、

注目しておいても良さそうです。

Sponsored Links

今後の取引方針ですが、
「全力買いを維持」
で臨みます。

先週末以降、

日経ジャスダック平均が、
陽線をつけたのは好材料。

日経ジャスダック平均は、
「陽線をつけた翌日は、めちゃ強い」
「陰線をつけた翌日は、めちゃ弱い」
という傾向があります。

先週末から3営業日連続で、
陽線を形成していることもあり、

「そろそろ底打ちかも?」
なんて期待が膨らみます。

コロナウイルスに関する報道は、
僕らの感情をやたら揺さぶってきますが、
感情的にトレードして儲かるなら苦労しません。

投資の神様バフェットも、
「周りが恐怖に飲まれているときこそ、貪欲に」
と言っておりますんで、

今こそ冷静に、
「買い時を探る」
のが賢明だと思います。

僕自身の取引としても、
一部、値上がりした銘柄を利益確定する以外は、
そのままホールドを続けます。

持っているのは良い株ばかりなので、
ゆっくり値上がりしてくれるのを、
待つだけで良いかと〜。

今後、さらに下がることがあれば、
追加資金の投入も視野に入れておきます。

– 中原良太