スポンサーリンク

【株】新型肺炎、日本株への影響は?

2020年1月24日

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

相変わらず、方向感の無い相場が続いています。

上がっては下がり、
下がっては上がり。

1つ1つの細かな動きにとらわれると、
メンタルが持た無さそうです(苦笑)

今の時期は黙って買い持ちしていれば、
それなりの成果が出やすいと思うので、

どっしり構えておくのが、
一番な気がしますなぁ。

Sponsored Links

僕自身の成績ですが、
指数と似たりよったりが続きます。

キラリと輝く成果も無いので、
鳴かず飛ばずが続いております(涙)

とはいえ、

持ち株のうちいくつかは、
10%ほど含み益が出てきました。

十分おいしい思いをさせてもらえたので、
利益確定をして、次の割安株へと乗り換えます。

今の時期は、
「十分上がって割安でなくなった株を利食いする」
「利食いで浮いたお金は次々に割安株へ回す」
というように、

王道を行くだけでも、
パフォーマンスを出しやすいです。

突飛なことはせず、
奇をてらわずに、

「ど真ん中のストレート」で、
運用を継続していきまっせ。

【これまでの資産変動】
1/21終値→1/23終値で▲0.2%

Sponsored Links

そろそろ人気が出てきそうな、
株主優待銘柄について調べてみました:

◯クリエイト・レストランツHD<3387>

外食チェーン。

2月に株主優待の権利落ちが控えており、
お食事券をもらえるようです。

外食系の株主優待は、
利用している姿もイメージしやすく、
人気な優待内容だと思います。

投資初心者に人気そうですね。

とはいえ、

優待株を買う鉄則として、
「優待が無くても買いたい株」
を選ぶのが無難でございます。

というのも、

株主優待銘柄の半数以上は、
「株価が割高過ぎて買えたもんじゃない」ことが、
かなーり多いからです。

同社はレバレッジを活かすことで、
ROEも20%近くと高い収益性を出しましたが、

株価と業績は別物です。

同社株の予想PERは約60倍。
これは日経平均株価と比べて約4倍の水準です。

高い株は下落余地が大きく、
リスクも大きいと考えられますので、
今から手を出すのはかなり危ないと思います。

また、

同社は2月末に株主優待の、
権利確定が控えておりますが、

「権利確定直前の株」は、
えてして高値づかみになりやすいです。

優待株を買うときには、
少なくとも3カ月前から、

早めに仕込んでおいたほうが良いので、
今から買うのは遅過ぎでしょう。

Sponsored Links

目先の取引方針ですが、
「新型肺炎の流行への不安感」から、
株が売られているという報道が目立ちます。

市場はこのことを重く受け止めているようです。

とはいえ、

僕はあまりこのことを、
憂慮していません。

病気の流行や、戦争は、
人類にとって由々しき事態であり、
少しでも減ることを心から願いますが、

それと投資は別の話。
「株式市場はそんなにヤワじゃない」
のです。

(これまで幾度のパンデミック、戦争を、
株式市場は乗り越えてきましたからね)

仮に更に流行が進むようでしたら、
株を安く良いチャンスとなるでしょうから、
めぼしい銘柄を探し、チャンスに備え貯金するのが吉かと。

それと、

安くて良い株さえ買っていれば、
「まだまだ全力買いを継続」で、
OKだと考えております。

2020年初は一進一退の攻防が続きますが、

今のように右往左往が続く時期は、
上がりも下がりもしないぶん、
利幅も取りにくいです。

取引したところで、
手数料負けしてしまうのがオチでしょう。

だから、

余計なことはせず、
「株を買い持ちして放置」
がベストだと考えております。

十分に利益が出た銘柄を、
利益確定するのに留めておいて、

「良い株をたっぷり買い、
損切りなどしないで放置」
するのが良いでしょう。

今後、利幅を取りやすいチャンスとしては、

これから1月末にかけては、
決算発表ラッシュが始まりますので、
株価が乱高下する展開も想定できます。

持ち株の一部が大きく値上がりした場合は、
そこで利益を確定し、他の割安株へと乗り換える…。

と、王道の取引さえしていれば、
地道にお金は増やせるかと思います。

僕自身、

持ち株は2銘柄ほど良い感じに上がったので、
明日、利益確定をして、別の株へ乗り換える予定です。

決算発表ラッシュはチャンスですので、
このチャンスを活かしたいですなぁ…!

– 中原良太