From: 中原良太
持ち株の分析をしながら、、、

グフフッ。(ニヤケ舌打ち)

やっぱ僕の買った株は、
粒ぞろいだなぁ…(歓喜)

◆  ◆  ◆

2019年末、
僕は持ち株を買い増しました。

長期投資用の銘柄は、
すべてで10銘柄。

どれも粒ぞろいで、
いつ株価が上がっても、
おかしくないお買い得品ばかり。

トランプ大統領が物騒なツイートをし、
「これからの世界は、大丈夫かなぁ?」
と心配が絶えません。

それでも、少なくともお金の心配はしていません。

仮に、株価が下がったとしても、
(過度に集中しない程度に)買い増すだけです。

◆  ◆  ◆

そうそう、先日、
「高配当株を買おうとしているのですが、
どうやって銘柄を選べば良いか分かりません!」
というお問い合わせを頂きました。

今回は、この疑問に、
ズバリお答えしていきます。

高配当株と言えば、
「株を持っているだけでお金を貰える株」
のことですが、

ひとことで高配当と言っても、
良い株も悪い株もあります。
ピンキリなんです。

僕らの理想としては、
「配当がたっぷりもらえる」うえ、
「株価もぐんぐん上がる」株を、
見つけたいものです。

実は高配当株の中でも、
「自己資本比率が高い株は、
株価が上がりやすいぞ〜!」
というデータがあってですね。

配当利回りと、
自己資本比率を、

組み合わせて使うことで、
リターンを格段に高められます。

詳しい内容については、
YouTube動画にて解説しています。
ぜひご視聴くださいませ〜。

– 中原良太