IQ上位2%の投資家、中原良太です。

会社四季報の最新号を読了。

2019年9月の時点では、
「これは激安だ〜!」と感じる銘柄が、
たくさん見つかったのですが、

あれから相場がだいぶ上がったので、
激安株の数が激減していてビビリました(汗)

とはいえ、、、

十分に割安な株も多く、
「ほぼノーリスク(?)」で
運用できそうな株も見つけたので、

2020年からの運用が楽しみですなぁ…。
バリバリ働いて、運用元本を増やさねば…!

◆  ◆  ◆

12/23の日本株は小動き。

今年中に、もう数パーセントほど、
上がって欲しいと願っていたのですが、
どうやらこれくらいが限界のようです。

ラストスパートは、
今週末あたりからでしょうかね。

最後まで気を抜かず、
狙えるチャンスは狙っていきます…!

【これまでの資産変動】
12/19:1610万9016円
12/23:1609万0216円(2営業日前比▲1万8800円)

◆  ◆  ◆

上場してから爆上げしていて、
みんなが気になってそうな銘柄について、
ざっくり情報収集してみました:

※僕が買う予定はありません

これがコチラ:

◯マクアケ<4479>

クラウドファンディング、
「Makuake」を運営する会社。

12月に上場してから、
株価が爆上げしていて、
注目している方も多いみたい。

同社の財務状況を見てみると、

自己資本比率が低いの気がかりですが、
負債の大半は「預かり金」であるうえ、

有利子負債と合わせても、
手元の現金系資産で相殺できそうです。

「借金まみれで首が回らない!」
ということは無さそうに見えますね。

次に、同社の収益源を見てみると、

「Makuake」という、
クラウドファンディングサービスと、

「MIS(Makuake Incubation Studio)」という、
新規事業の立ち上げ支援サービスの、

2本柱のようです。

僕も「Makuake」は使ったことがあって、
美味しいレストランの会員権などを、
購入した経験があります(笑)

2020年9月期の、
同社の純利益(見込み)は、
約3.3億円ほどとなる予想です。

ここで気になるのが、
「同社を買収するなら、いくらまで払えるか?」
ってところです。

僕はかなり臆病&ケチなので、
「5年以内に元を取りたい!」
と考えています。

仮に同社を買収する場合、
「3.3億×5年分=約20億円まで!」
なんて考えちゃいますが、

たぶんこれは悲観的過ぎです(汗)

いまのところの同社は、
売上がすごい勢いで伸びているので、

一番の争点は、
「ユーザー数は今の何倍まで伸びるか?」
「利益を今の何倍まで伸ばせるか?」
という点でしょうか。

ちなみに、

現時点のMakuakeのユーザー数は、
70万名ていどのようです。

単純計算として、
「ユーザー数が10倍の700万人まで伸びれば」
売上・利益が10倍になる…という感じでしょうか。
(う〜ん、どうだろう)

新しい会社なだけに、
まだまだできることは、
たくさんありそうですなぁ。

あなただったら、この会社を、
いくらなら買収したいと思いますか?

◆  ◆  ◆

今後の取引方針ですが、

「まだまだ日本株は上がる!」
と考えております。

・・・が、

年末も近づいてきたこともあり、
銘柄を入れ替えようかと計画中です。

9月以降は大型株が強かったので、
「そろそろ動きも止まるかも?」
と思います。

年末年始の時間を使って、
小型株の比重を高めます。

今までは、
「大型株2:小型株1」
くらいで運用していましたが、

これからは、
「大型株0:小型株3」
と、ガッツリ入れ替えます。

というのも、

日本株全体の傾向として、
「年末までは大型株が強い!」
「年初からは小型株が強い!」
というデータがあるんですよね。

今のスタイルでも十分儲かりそうなのですが、
僕は欲張りなので利益が大きそうな方へ動きます(笑)

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。