IQ上位2%の投資家、中原良太です。

ここさいきん、
ヒシヒシと感じるのですが、

「株を買ったり売ったりして」
手間暇かけてお金を増やすより、

「株を買って放ったらかし」
にするだけで年率20%くらい行ければ、

こんなラクチンな方法は無いよなぁ〜と感じます。

…ということで、

来年からは取引の頻度を引き下げて、
「数カ月に1度」くらいの取引だけで、
ベストなパフォーマンスを目指すことにします…。

「株に10時間かけて年100万円増やす」のと、
「株に100時間かけて年200万円増やす」のでは、
前者の方が後者より魅力的に見えるんです。

(浮いた90時間は自由に使いたいです)

◆  ◆  ◆

本日の運用成績ですが、
相変わらず、含み損生活が継続中。

といっても、

ひんぱんに取引したところで、
取引手数料と時間が無駄になるだけなので、
このまま放ったらかしで行きます(笑)

【これまでの資産変動】
12/9:1587万1852円
12/10:1586万5841円(前日比▲6011円)

◆  ◆  ◆

年末にかけて上がりそうな、
エネルギー系の株がコチラ:

◯国際石油開発帝石<1605>

資源開発の最大手。

11/6に上方修正を発表。

「上方修正を発表した企業は、
その後、半年くらいは上がりやすいぞ!」
なんてデータもあります。

特に年末の時期は、
その傾向が強いと思いますので、
2019年末に続伸する可能性に期待します。

長期投資というよりは、
短期トレード目線ですが、

注目しておくと良さそうです。

ぜひ、ウォッチリストに入れておいては?

◆  ◆  ◆

目先の取引方針にですが、
「まだまだ全力買いを継続!」
というスタンスで臨みます。

最近は「全力買い!」しか、
言っていない気がしますが。

何度、考え直してみても、
「株を買って放ったらかし」
がベストに思えてくるんですよ。

足元の相場は、

FOMCなどのイベントを控え、
世界的に株式市場は小動きが続いています。

FOMCをこなした後は、
様子見ムードも和らいで、
このまま上がると期待。

というのも、

FOMC明けは統計的に見て、
「上がりやすいぞ!」という、
データが優勢なんです。

不安材料がある今のような状況こそ、
誰も株を買わずに安く放置されがちです。
安く株を買うには良い頃合いと考えます。

今週後半〜来週あたりから、
グイグイ相場が上がると期待します。

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。