IQ上位2%の投資家、中原良太です。

米国で発表された、
ISM製造業指数が下ぶれたようで、

これが嫌気されて、
株価が下がったみたい。

とはいえ、

「景況感指数が悪い」
ということは、

「上昇余地が大きい」
ということでもあるので、

このニュースは、
どちらかと言えば買い材料と考えます。

ここぞとばかりに、
ほんの少し浮いていた余力で、
日本株を買い増しました。

◆  ◆  ◆

とはいえ、

12/2にプラ転して、
喜んでいたのも束の間。

ふたたび含み損へと、
逆戻りしてしまいました(泣)

この程度での反落では、
くじけてなんていられません。

含み損を抱えるのは、
心地の良いものではないですが、

これからの反発に期待し、
保有を継続していきます…。

【これまでの資産変動】
12/2:1587万9379円
12/3:1580万9011円(前日比▲7万0368円)

◆  ◆  ◆

余談ですが、

以前に紹介した
「ニューフレアテクノロジー」が、
東芝に買収されるみたいですね。

株を早々に売って、
利益確定してしまった僕は、
どうやら負け組だったようです(涙)

まぁ、

そんな話はさておき。

本日も年内に注目したい、
イケイケな銘柄をご紹介します。

それがコチラ:

◯アルゴグラフィックス<7595>

CADシステムを販売する会社。

同社の予想PERは約20倍。
ギリギリ手を出せるラインかと。

株価は安いという感じはしませんが、
11月に発表された業績が好調です。

テクニカル面に目を向けると、
2019年は高値更新を続けていて、

現時点でこの銘柄を買い持ちしている人は、
ほぼ全員が含み益状態なはず。

しばらく上値が軽いんじゃないでしょうか。

短期での投機対象として、
年内いっぱい注目します。

ウォッチリストに加えてみては、
いかがでしょうか?

◆  ◆  ◆

今後の取引方針についてですが、
「全力買いを維持してホールド!」
で臨みます。

たとえ一瞬だろうが、

相場がストンと下がり、
含み損となってしまうと、
ビビってしまうのが人間心理。

とはいえ、

(米国株は割高感がありますが)
日本株の値付けには違和感は覚えないし、

年末は特有の強気相場を形成しやすいので、

投資・投機どちらの目線から見ても
「今は買い」と見ています。

とりわけ、

NYダウが下がると、
日本株が安寄りするので、

株を安く仕込むには、
絶好のタイミングです。

年内にまたチャンスが来たら、
恐れずに株を買いたいところです。

(僕は限界いっぱいまで買っているので、
これ以上、追加できる資金はありませんが笑)

米国株さえこけなければ、
年内はまだ上がると考えます。

引き続き、続伸に期待します!

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。