From: 中原良太
チャート分析について考えながら、、、

株をやっていると、
「チャートを読めばすべてが分かる!」
といった主張をよく目にします。

若い頃、僕はこの主張には、
賛成していた事もあります。

(僕が昔にアップしていた、
YouTube動画ではそう言ってました。)

ですが、

今では正直、手のひらを返していてですね、
懐疑的に見ています。

というよりむしろ、
「チャートは役に立たないことの方が多い」
くらいで考えておいた方が、

株取引全体が上手く行く気がしています。

◆  ◆  ◆

唯一、チャートが役に立つのは、
「季節性」を意識したときだけ…
という印象があります。

たとえば、

「1月は下がっている株が強い」とか、
「12月は上がっている株が強い」とか、

そういった具合ですね。

それ以外に関して言うと、
値動きだけで取引を行うのは、
いささか根拠に乏しい気がします。

ローソク足の形状だとか、
チャートパターンだとか、

「全く役に立たない」
とまでは言いませんが、

「他にも役に立つ指標がゴマンとある」ので、
わざわざチャートを確認しなくても…と、
感じているフシがあるんですよね。

◆  ◆  ◆

僕個人の株取引としても、
2019年の運用成績の大半は、

「チャート分析以外」

の要因で稼いできました。

とりわけ大きいのが、
「企業規模」の影響でした。

意外に感じるかもしれませんが、
企業規模をざっと見るだけでも、
上がりやすい株が分かります。

この分析のおかげで、
株取引ではミスだらけの僕ですが、
2019年はいちおう指数に勝てています。

そこで今回は、

この11ヶ月間で+200万円近く、
利益につなげることができた、

超シンプルな銘柄分析術を披露します。

詳しい内容については、
YouTube動画にて解説しています。

気になるという方は、
ぜひご視聴くださいませ〜。

– 中原良太