From: 中原良太
高校時代の思い出に耽りながら、、、

僕は中学時代、
いじめられていました。

それもあり、

中学時代には、
卓球部に入ったり、
吹奏楽部に入ったり、
生徒会役員をやったり、

転々としていて、
まともな部活生活を、
送ってきませんでした。

ですが、

高校に入ってからは、
「まともな青春を送りたい!」
と考えていたこともあり、

ぶっつけ本番で、
体育会系の部活へ入りました。

幼い頃からテニスを習っていた僕は、
成り行きで硬式テニス部に入りました。

入部初日から、

5キロのランニング、
腕立て伏せ100回、
腹筋100回、
背筋100回、

などなど、

めっちゃトレーニングさせられました。
いま思えばよく耐えたな、あの時の自分…。

◆  ◆  ◆

僕はインドア派で、

スポーツ部に入ったとはいえ、
テニスくらいしかできません。

そして、

体育会系の独特のイケイケな感じには、
全然ついていけない性格です。

株では全然儲かってませんが、
僕はいちおう慶應ボーイです。

その前に通っていた高校も、
なかなかの進学校でして、

「都立国立高校」という、
一級の学校に通っていました。

◆  ◆  ◆

そんな中、

僕には嫌いな先輩がいました。

彼は「THE☆体育会系」で、
全くソリが合いませんでした。

その名もT先輩。

僕は、
「最小の努力で最善の結果を求める」
のが好きな効率厨なのですが、

T先輩は松岡修造並みの熱血漢で、
無駄な筋トレを強要してきました。

日を追うごとに、
僕は彼を嫌いになりました。

僕は無駄な努力が嫌いなので、
T先輩が居る日は部活を休みたくなりました。

「人生は気合いと根性で何とかなる!」
がT先輩の口癖でした。

人生がそんなに単純なら、
苦労しないっつーの!

◆  ◆  ◆

…てな感じで。

僕は「気合」とか「根性」といった、
精神論が大嫌いです。

だから、

できるだけ合理的に、
最小限のインプットで、
最大のアウトプットを得たいと、

常日頃から考えています。

そんな中、

とっても良い投資法を見つけたので、
あなたと共有しようと思います。

この投資法を使い、僕はほぼ時間をかけず、
「月15万円」の不労所得を達成しました。

これほど優れた方法は、
なかなか他には見当たりません。

詳しい内容については、
YouTube動画にて解説しています。

気になるという方は、
ぜひご視聴くださいませ〜。

– 中原良太