IQ上位2%の投資家、中原良太です。

僕が株を売ったとたん、
日本株が爆上げしています(涙)

ううむ。

やはり、上昇トレンド中での、
年末相場はかなり強いですね。

株を売ってしまったのは、
正直、うかつな判断でした。

失敗です。

この出遅れは手痛いなぁ…。

◆  ◆  ◆

出遅れているのが悔しいので、
年末相場の攻略法を徹底的に研究中。

おかげさまで、

良さげな戦略ができました。

勝率70%〜80%ほどで、
利益を狙えそうなので、
早速、実運用に取り入れます。

明日の早いうちに、
改めて株を買い直す予定です。

【これまでの資産変動】
11/14:1084万5354円
11/18:1083万5254円(前日比▲1万0100円)

◆  ◆  ◆

年末に騰がりそうな格安株をご紹介します。それがコチラ:

◯新潟放送<9408>

新潟の民間放送。

ここ10年ほど、株価が絶好調なうえ、
財産もたっぷり持っているので注目しています。

同社の予想PERは10.2倍。

仮に今の業績が続けば、
益回りは9.8%とそこそこ高めです。

日本株全体と比べても、
3分の2ほどの水準で売られている感触です。

以降、企業価値を見積もってみました。

まず、同社の財産価値をザッと見積もると、

※2020年3月期2Qの四半期報告書を参照
現金:6439百万円
掛金:4793×0.8=3834百万円
証券:2831×0.8=2264百万円
資産計:12537百万円
負債計:6943百万円

ネットネット:5594百万円
発行済株式総数:6,000,000株−1,100株=5,998,900株
⇨1株あたりネットネット:932円

と、こんな感じ。

同社の株価は1200円ほどなので、
「どんなに下がっても3割くらいまで」
という印象です。

普通の日本株と比べると、
リスクが3掛けくらいという印象。

次に、

同社の10年分の有価証券をもとに、
収益性についても分析してみました。

すると、

同社の収益価値は1株あたり72円/年ほど。
益回りは6%ほどでした。

これまで益回りは、
平均的な日本企業よりも2割ほど高い水準です。

これらの情報をもとに、
理論株価(割引率10%、成長率0%)を、
手堅く算出してみると、

理論株価
=清算価値+収益価値(10年)
=932円+720円=1652円

という結果が得られました。

同社の理論株価は1652円。

なお、理論株価はかなーり保守的に算出しています。

「利益が3分の2になった場合」くらいを
想定して算出していますので、

業績を現状維持できるだけでも、
理論株価は2000円近くになりそうです。

年内は売られないと思いますんで、
今後の上昇が期待できそうですなぁ。

ウォッチリストに入れて、
観察してはいかがでしょうか。

◆  ◆  ◆

目先の取引方針についてですが、
相場が上がってきたので、

「全力買いで仕切り直し」
でひと勝負をかける予定です。

これは個人的な見解ですが、
今年末は上げが続くと考えています。

勝算もかな〜り高いのと思うので、
手元にありったけ資金で株を買うつもり。

奥さんに、
「運用資金を増やしても良いですか?」
と交渉をして、OKを貰えたので、

追加資金も投入しつつ、
がっつり株を買う予定です。

もともと、我が家の資産は、
現金の比率がかなり高めなので、
この機会に、株の比率をガッツリ引き上げます。

(もちろん、レバレッジをかけるのは危ないので、
そういったリスキーな取引をする予定はありませんが)

問題は、
「いくらまでリスクを取れるか?」
というところですかね。

保守的に現金を保ちつつ、
買えるだけ株を買いたいなぁ…。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。