IQ上位2%の投資家、中原良太です。

13日に引き続いて、
14日の日本株も全面安でした。

9月・10月の相場上昇がすごかったぶん、
その反動も大きくなりそうですね。

僕自身、かなーり保守的な割安株を買ったのですが、
それでも、そこそこ株価が下落していてビビりました。

詳しくは後ほどお話ししますが、

これからの時期は、
損切りのタイミングが少し遅れると、
ズルズルと損が拡大する恐れがあります。

だから、

ポジションの取り方には、
注意が必要でしょうね…。

◆  ◆  ◆

僕自身の運用成績ですが、
一部の保有株が値上がりしてくれたおかげで、
14日の下落をほぼ無傷で乗り切れました。

これからも下落が長引くかもしれませんが、
引き続き、保守的な運用を心がけて参ります…。

【これまでの資産変動】
11/13:1086万1774円
11/14:1084万5354円(前日比▲1万6420円)

◆  ◆  ◆

ひそかに注目している、
高配当な格安株を紹介します。それがコチラ:

◯ニチリン<5184>

自動車用ホースの大手。

ここ10年ほど、着々と業績を伸ばしているうえ、
財産もたっぷり持っているので注目しています。

同社の予想PERは7.3倍。

仮に今の業績が続けば、
益回りは13.7%とかなり高めです。

日本株全体と比べても、
半値ほどの水準で売られている感触です。

以降、企業価値を見積もってみました。

まず、同社の財産価値をザッと見積もると、

※2019年12月期2Qの四半期報告書を参照
現金:14669百万円
掛金:10771×0.8=8616百万円
証券:2610×0.8=2088百万円
資産計:25373百万円
負債計:20462百万円

ネットネット:4911百万円
発行済株式総数:14,371,500株−6,800株=14,378,300株
⇨1株あたりネットネット:341円

と、こんな感じ。

同社の株価は1786円ほどなので、
「どんなに下がっても8割くらいまで」
という印象です。

普通の日本株と比べると、
リスクが8掛けくらいという印象。

次に、

同社の10年分の有価証券をもとに、
収益性についても分析してみました。

すると、

同社の収益価値は1株あたり110円/年ほど。
益回りは6.1%ほどでした。

これまで益回りは、
平均的な日本企業よりも2割ほど高い水準です。

これらの情報をもとに、
理論株価(割引率10%、成長率0%)を、
手堅く算出してみると、

理論株価
=清算価値+収益価値(10年)
=341円+1100円=1441円

という結果が得られました。

同社の理論株価は1441円。

なお、理論株価はかなーり保守的に算出しています。

「利益が半減した場合」くらいを
想定して算出していますので、

業績を現状維持できるだけでも、
理論株価は2000円は軽く超えそうです。

同社は配当金もたっぷり出しており、
予想配当利回りは約3.4%と高水準です。

NISAとも相性が良いでしょうから、
非課税枠で買ってみたい株ですなぁ。

ウォッチリストに入れて、
観察してはいかがでしょうか。

◆  ◆  ◆

目先の取引方針ですが、
「短期トレードはお休み」
「長期投資は物色を継続」
とする予定です。

年末は相場が下がったときに損切りすることで、
節税対策になって便利な時期でもあります。

それもあり、
「相場が弱気に傾くと一気に下がる」
という恐れがあるので注意が必要です。

日本株市場はもともと、
「一度下がり始めると、弱気が続く」
という傾向があるうえ、

年末にはその傾向が加速するので、
指数が5日線や25日線割れた現況を、
「危険シグナル」と捉えておくと良さげです。

また、

ややオカルトチックではありますが、
「満月近辺では株価が下がりやすい!」
というデータもあります。

嘘みたいな話ではありますが、
世界各国で効果実証済みなので、
ヒントとして扱っても良さげ。

何にせよ、
「短期では株を買っても儲かりにくい」
地合いとなるでしょう。

僕自身、短期の取引は、
きちんと反発が確認できるまでは、
しばらくお休みする予定です。

一方、

相場が下がれば、
お買い得な株が出てきます。

それはそれでチャンスなので、
銘柄の物色は継続しようかと。

相場が上がったら短期トレード、
相場が下がったら長期投資…

というように、

どちらに転んでも上手くいくように、
プランするのが大事かと!

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。