From: 中原良太
相場の動きを眺めながら、、、

さいきん、勉強していると、
「日本株は、米国株より50年ほど遅れている」
と感じることがよくあります。

なぜかというと、
「米国では考えられないほどの割安株」
が放置されていることが、よくあるからです。

この類の格安株は米国では50年ほど前に、
「ほぼ絶滅した」とさえ言われています。

そんな取引チャンスが、
日本にはまだゴマンとあります。

言い方が悪いかもしれませんが、
「日本株のほうがチョロい」という印象。

「日本株を買うより、米国株を買ったほうが、
よっぽど儲かるし有利だ〜!」と、
主張している方もいますが、

個人的には、
「そうとも限らないよなぁ」と、
ヒシヒシと感じております…。

◆  ◆  ◆

「日本株の方がチョロい!」と感じる、
1つのテクニックに板読みがあります。

「板読み」とは、
リアルタイムの発注(買い板・売り板)
を眺めることで、値動きを予測する手法です。

日本株においては、
超シンプルな板読みでも、
まだまだ有効性が高くてですね。

「ちょっと工夫するだけでプロ以上の利益を出す」
なんてことも軽くできるんですよね。

そこで今回は、

超手軽にできる板読み術の中でも、
僕が最高だと思う手法を共有します。

ぜひ、参考にしていただけたらとw

詳しい内容については、
YouTube動画にて解説しています。

気になるという方は、
ぜひご視聴くださいませ〜。

– 中原良太