From: 中原良太
運用計画を見直しながら、、、

長いことブログを読んでくれている方から、
「中原さんはシステムトレードを止めたのですか?」
というお問い合わせを頂きました。

◆  ◆  ◆

システムトレードとは、
「機械的な株取引」のことです。

1つ1つの銘柄を深く調べて、
トレードの精度を高める「裁量」とは違い、

システムトレードでは、

1つ1つの銘柄はサラッと終わらせて、
荒削りなトレードを「量こなすこと」で、
資産を増やしていく手法です。

僕のように理系のトレーダーに人気な手法で、
「自分の相場観」に自信が無い人に好まれます。

僕がシステムトレードを始めたのは、
大学生の頃から(当時20歳)でして。

システムトレードのおかげで、
ヤフーファイナンスの「投資の達人」にも、
抜擢をさました。

それに、

投資の達人で
「ベストパフォーマー賞」
を受賞したときも、

システムトレードを使っていました。
これが、僕が一番得意とする手法です。

昔はよくブログで、
「システムトレードは良いぞ〜!」
という話をしましたが、

さいきんはめっきり、
そういう話をしなくなりました。

それもあり、
「中原さんはシステムトレードを止めたっぽい」
と考える人もいるみたいです。

だから今回も、
「中原さんはシステムトレードを止めたのですか?」
というお問い合わせを頂いたのだと思います。

◆  ◆  ◆

このご質問に対する答えは、
「現役バリバリでシステムトレードをやってます!」
です。

新しい投資手法を色々と学んではいますが、
やはり、僕個人の運用の柱はシステムトレードです。

今年に入ってからも、
ちゃっかり利益を出しています。
今なお、最も得意とする手法です。

最近も売買ルールの改良は続けてまして、
こんな資産曲線の売買ルールを使っています。

今年の10月だけでも、
1カ月で70万円ほどの利益を出しました。

今でも我が家の頼れる「収益源」ですw

◆  ◆  ◆

我が家の近況報告はさておき。

今回は、僕が愛用しているテクニックの一部を、
ドドンと公開しちゃいましょうw

僕は今年10月に、
システムトレードで70万円ほど稼ぎましたが、
この収益を稼いだ手法の一部でもあります。

これからご紹介するのは、
「株を買うタイミング」
に関するお話し。

株取引で手早くお金を増やすには、
「良い銘柄を見つけ出す」こと以上に、
「良いタイミングで取引する」ことが大事です。

タイミングが1日ずれるだけでも、
収益は1〜2%平気で変わります。

1取引あたりで見れば、
小さな差に見えるかもですが、

何度も繰り返し株取引をしていると、
「1%〜2%」の差は積もり積もって、
大きな差に膨らんでいくものです。

どんなに凄腕のトレーダーが居ても、
「銘柄選びだけ」で富を築くのは、
きっと難しいと思いますよ〜。

…ということで、

今回は、
「株を買うベストの曜日はいつか?」
という話を解説していきます。

実は、株式市場は、
「週サイクルで変動する」
という傾向がありまして。

このサイクルに合わせて、
取引する曜日を決めるだけで、
だいぶお金を稼ぎやすいんですよ。

この手法は、
米国の経済学者によっても、
有効性が実証されています。

僕自身、この手法を応用して、
今年10月だけで70万円ほど、
利益を出せています。

未だに有効性が高い手法で、
愛用しているテクニックなので、

あなたのお役に立てば幸いです。

詳しい内容については、
YouTube動画にて解説しています。

気になるという方は、
ぜひご視聴くださいませ〜。

– 中原良太