IQ上位2%の投資家、中原良太です。

「価値の探求者たち」という本を購入。

こんな名著を、
これまで読んでいなかったことを、
今更ながら後悔しています。

僕らバリュー投資家は必読です。

◆  ◆  ◆

本日の運用成績ですが、
相場が横ばいだったこともあり、
パッとしませんでした。

とはいえ、

こういう静かな相場では、
ゆっくり銘柄分析をできますんで、

浮いた時間を使って、
投資チャンスを探しております…。

よいチャンスを見つけたら、
なるべく共有しますね〜。

【これまでの資産変動】
11/06:1077万3659円
11/07:1077万7164円(前日比+3505円)

◆  ◆  ◆

これから年末にかけて騰がりそうな、
割安株を見つけたのでご紹介。それがコチラ:

◯TONE<5967>

作業用工具の大手。

財産もたっぷり持っているうえ、
チャートが今の時期にぴったりなので注目中。

同社の予想PERは6.6倍。

仮に今の業績が続けば、
益回りは15.15%とかなり高めです。

日本株全体と比べても、
半値ほどの水準で売られている感触です。

以降、企業価値を見積もってみました。

まず、同社の財産価値をザッと見積もると、

※2020年5月期第1四半期の四半期報告書を参照
現金:526百万円
掛金:1312×0.8=1049百万円
証券:638×0.8=510百万円
資産計:2085百万円
負債計:1310百万円

ネットネット:775百万円
発行済株式総数:2,342,600株−404,600株=1,938,000株
⇨1株あたりネットネット:399円

と、こんな感じ。

同社の株価は2457円ほどなので、
「どんなに下がっても8割ちょいまで」
という印象です。

普通の日本株と比べると、
リスクが1〜2割少ないという印象。

次に、

同社の10年分の有価証券をもとに、
収益性についても分析してみました。

すると、

同社の収益価値は1株あたり167円/年ほど。
益回りは6.8%ほどでした。

これまで益回りは、
平均的な日本企業の1.5倍くらいある印象です。

これらの情報をもとに、
理論株価(割引率10%、成長率0%)を、
手堅く算出してみると、

理論株価
=清算価値+収益価値(10年)
=399円+1670円=2069円

という結果が得られました。

同社の理論株価は2069円。

理論株価はかなーり保守的に算出しましたが、
今の株価はそれよりも20%ほど高い水準でした。

やや高い印象がありますが、
チャートが今の相場にあっているので、
そのぶん、多めに見ても良いかと。

同社株は足元で上昇トレンド。
こういう会社は年末相場に強いんで、
即戦力になってくれそうですなぁ。

ウォッチリストに入れて、
観察してはいかがでしょうか。

◆  ◆  ◆

今後の投資方針についてですが、

日本株市場の傾向として、
「上がり始めると続伸しやすい」
という傾向があります。

これだけ相場が好調なので、
「今すぐ利益確定する」のは、
正直、気が引ける人も多いハズ。

これにはカレンダー要因も関わっておりまして。

いま利益確定をしてしまえば、
上昇相場に取り残される恐れもあるうえ、
利益確定により税金もかかりますからね。

今の時期は、

「下がっている株は損切りされてドンドン下がる」
「上がっている株は利益確定が先送りされ下がらない」
という動きが目立ってきます。

よって、

本格的な利益確定の流れは、
来年明けあたりから始まると想定します。

相場の動きが強い限りは、
このまま全力買いを継続するのが良さそう。

僕自身も、「全力買いを継続」で臨みます。

今は運用資金をフル活用して、
小型株をしこたま買い込んでいます。

これだけ相場が強いと、
反落したときが怖いところですが、
下がってから逃げるのでも悪くないかと。

いつでも逃げられるよう準備しつつ、
がっつりリスクを取って運用していきます…。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。