IQ上位2%の投資家、中原良太です。

11/6の寄り付きに、
余裕資金で株式を追加購入。

買い付けたところまでは良かったのですが、
11/6の日本株は弱めでしたね。

せっかくたっぷり株を買ったのですが、
やや「高値づかみ」感があって悔しいです(汗)

とはいえ、

取引そのものは間違っていないと思うんで、
引き続き、続伸に期待したいところです。

手堅く運用を続けて、
ちゃっかりお金を増やしたいですなぁ…。

【これまでの資産変動】
11/05:1078万1114円
11/06:1077万3659円(前日比▲7455円)

◆  ◆  ◆

今からグイグイ騰がりそうな、
格安株を見つけたのでご紹介。それがコチラ:

◯北陸電気工事<1930>

北陸電力の子会社である電気工事会社。

財産もたっぷり持っているうえ、
チャートが今の時期にぴったりなので注目中。

同社の予想PERは7.4倍。

仮に今の業績が続けば、
益回りは13.5%とかなり高めです。

日本株全体と比べても、
半値ほどの水準で売られている感触です。

以降、企業価値を見積もってみました。

まず、同社の財産価値をザッと見積もると、

※2020年3月期2Qの四半期報告書を参照
現金:18012百万円
掛金:10809×0.8=8647百万円
証券:5×0.8=4百万円
資産計:26663百万円
負債計:14122百万円

ネットネット:12541百万円
発行済株式総数:24,969,993株−1,643,100株=23,326,893株
⇨1株あたりネットネット:537円

と、こんな感じ。

同社の株価は1011円ほどなので、
「どんなに下がっても半分くらいまで」
という印象です。

普通の日本株と比べると、
リスクが半分くらいという印象。

次に、

同社の10年分の有価証券をもとに、
収益性についても分析してみました。

すると、

同社の収益価値は1株あたり60円/年ほど。
益回りは5.9%ほどでした。

これまで益回りは、
平均的な日本企業の1.1倍〜1.2倍くらいある印象です。

これらの情報をもとに、
理論株価(割引率10%、成長率0%)を、
手堅く算出してみると、

理論株価
=清算価値+収益価値(10年)
=537円+600円=1137円

という結果が得られました。

同社の理論株価は1137円。

理論株価はかなーり保守的に算出しましたが、
今の株価はそれよりも10%ほど安い水準でした。

中長期で投資をして、
「年率10%は堅そう」

今の業績を維持できれば、
「年率15%はいけそう」
という印象ですな。

同社株は足元で上昇トレンド。
こういう会社は年末相場に強いんで、
即戦力になってくれそうですなぁ。

ウォッチリストに入れて、
観察してはいかがでしょうか。

◆  ◆  ◆

目先の取引方針ですが、

過去の株価データを、
あれこれ調べてみると、

「2019年の年末までは、
日本株はずっと強いかも?」
という説が浮上しました。

というのも、

9月以降の日本株市場は、
年末が近づいてくるにつれ、

「節税対策の損切り」が活発化し、
「利益確定の売り」が沈静化する、
という傾向があるんです。

そんな中、

今年は日本株が堅調で、
6割近くの銘柄は年初来比プラスです。

だから、

損切りをする必要が、
そんなに無いんですよね。

それもあり、
「ひとまず、買い持ちしておく」
だけでも、

年内は堅調になるかもしれません。
(直近20年で、的中率は6〜7割ほどでした)

なんだかワクワクしてきた。

投資元本を増やしたいかも。
奥さんと交渉しようかな…。

ただし、

去年の10月のように暴落があり、
「年初来比マイナス」に急転すれば、
相場が一気に弱くなるリスクもあります。

そこだけは、
注意が必要でしょうなぁ…。

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。