会社四季報に目を通していたら、
「コレは…!」と思った銘柄があったので、
ご紹介しましょう。それがコチラ:

◯ナトコ<4627>

塗料の中堅。

台風19号の影響で、
子会社が被害を受けたようです。
お見舞い申し上げます。

同社のプレスリリースによれば、
被害状況が分かりしだい、
報告してくれるとのこと。

かなり手堅い会社だと思うので、
プレスリリースを待ちつつ、
投資を考えたい所です。

同社の予想PERは8.9倍。

仮に今の業績が続けば、
益回りは11.2%とそこそこ高めです。

日本株全体と比べても、
3割引ほどで売られている感触です。

以降、企業価値を見積もってみました。

まず、同社の財産価値をザッと見積もると、

※2019年10月期第3四半期の四半期報告書を参照
現金:7283百万円
掛金:5525×0.8=4420百万円
証券:1429×0.8=1143百万円
資産計:12846百万円
負債計:5152百万円

ネットネット:7694百万円
発行済株式総数:8,144,400株−600,900株=7,543,500株
⇨1株あたりネットネット:1019円

と、こんな感じ。

同社の株価は1250円ほどなので、
「どんなにやられても3割くらいまで」
という印象です。

普通の日本株と比べると、
かなーりリスクが小さそう。

次に、

同社の10年分の有価証券をもとに、
収益性についても分析してみました。

すると、

同社の収益価値は1株あたり77円/年ほど。
益回りは6.1%ほどでした。

益回りは平均的な日本企業よりも、
やや高めの水準という感じですね。

これらの情報をもとに、
理論株価(割引率10%、成長率0%)を、
手堅く算出してみると、

理論株価
=清算価値+収益価値(10年)
=1019円+770円=1789円

という結果が得られました。

同社の理論株価は1789円。

理論株価はかなーり保守的に算出しましたが、
今の株価はそれよりも3割ほど安い近い水準でした。

中長期で投資をして、
「年率5%は堅そう」

短期でリバウンドを取れれば、
「年率10%はいけそう」
という印象ですな。

同社は高配当株として、
年3%の配当も出していますが、

株価も割安なので、
値上がりも期待できそうです。

NISAとも相性が良いでしょうから、
非課税枠で買ってみたい株ですなぁ。

ウォッチリストに入れて、
観察してはいかがでしょうか。