IQ上位2%の投資家、中原良太です。

10/29、日経平均株価は7連騰しました。

その他指数も好調で、

TOPIX、東証二部、
JASDAQ、マザーズ、
大型株、中型株小型株、

どの指数もプラスでした。

スカッとした上げでしたね。
インデックス投資をしている人は、
面白いぐらい儲かった1日でした。

一方、

自分で個別株を選んでいる人からすると、
「指数ほど個別株は盛り上がってない」
1日だったと感じたかもしれません。

あるいは、

決算ラッシュも本格化しているので、
分散投資が甘かった方などは、

株価が1日1日激動していくのを見て、
一喜一憂しているかもしれませんね。

値動きが激しくなって初めて、
分散投資の大事さが身に沁みます。

株を買い付けるときには、
最低限でも15銘柄〜20銘柄には、
分散しておきたいですよね…。

◆  ◆  ◆

僕自身はどうだったかというと、
iDeCoやNISAを使ったインデックス投資では、
絶好調なペースでお金が増えています。

一方、

個別株運用の調子はどうかと聞かれると、
「鳴かず飛ばず」とった雰囲気です。

指数を大きく動かすような、
大型株は盛り上がっていますが、
地味株は正直、微妙です…(汗)

決算ラッシュを無事に過ごせているので、
これはこれで良いかとは思うのですが、

指数に引き離されていくこの感じは、
気持ちが悪いですね〜(汗)

かといって、

ヘタに動くと損をしそうなので、
今が耐え時なのでしょう…。

【これまでの資産変動】
10/28:1023万3214円
10/29:1024万9128円(前日比+1万5914円)

◆  ◆  ◆

会社四季報に目を通していたら、
「コレは…!」と思った銘柄があったので、
ご紹介しましょう。それがコチラ:

◯第一カッター興業<1716>

舗装やコンクリート構造物を切断・穿孔する工事が主力。

会社四季報を眺めていたら、
お手頃な価格の株を見つけたので、
ザッと分析してみました。

今後は設備投資による、
減価償却が重しとなりそうですが、

その影響を割り引いて考えても、
株価が割安に見えたので共有します:

同社の予想PERは9.5倍。

仮に今の業績が続けば、
益回りは10.5%とそこそこ高めです。

日本株全体と比べても、
2割引で売られている感触です。

以降、企業価値を見積もってみました。

まず、同社の財産価値をザッと見積もると、

※2019年6月期の有価証券報告書を参照
現金:5698百万円
掛金:2480×0.8=1984百万円
証券:504×0.8=403百万円
資産計:8085百万円
負債計:2348百万円

ネットネット:5737百万円
発行済株式総数:6,000,000株−260.300株=5,739,700株
⇨1株あたりネットネット:999円

と、こんな感じ。

同社の1800円ほどなので、
「どんなにやられても株価半分くらいまで」
という印象です。

普通の日本株と比べれば、
かなーりリスクが小さそう。

次に、

同社の10年分の有価証券をもとに、
収益性についても分析してみました。

すると、

同社の収益価値は1株あたり89円/年ほど。
益回りは4.9%ほどでした。

益回りは平均的な日本企業と、
ほぼ同水準という感じですね。

これらの情報をもとに、
理論株価(割引率10%、成長率0%)を、
手堅く算出してみると、

理論株価
=清算価値+収益価値(10年)
=999円+890円=1889円

という結果が得られました。

同社の理論株価は1798円。

理論株価はかなーり保守的に算出しましたが、
今の株価はそれよりも5%ほど安い近い水準でした。

中長期で投資をして、
「年率5%は堅そう」

短期でリバウンドを取れれば、
「年率10%はいけそう」
という印象ですな。

「リスクは半分でリターンはそのまま」
という投資ができそう。

普通の株と比べても、
旨みは2倍くらいありそう。

中長期で値上がりが期待できますので、
NISAとも相性が良いでしょう。

ウォッチリストに入れて、
観察してはいかがでしょうか。

◆  ◆  ◆

足元の取引方針についてですが、

昨日に引き続いて、
「まだまだ全力買い継続」
をする予定です。

株式市場には慣性が働くので、
「上がったら翌日も上がる」
「下がったら翌日も下がる」
という傾向が現れます。

特にこの傾向は、
週の後半ほど強力です。

今のような上昇相場では、
何より株を持っていることが大事ですから、
僕は全力買いを継続します。

とはいえ、

株を買うのも大事ですが、
永久に上がり続ける相場はありません。

日本株のバリュエーションは妥当と思いますが、

仮に下がり始めるとしたら、
「相場の気まぐれで下がる」か、
「海外勢の息切れで下がる」か、
この2つあたりの可能性が濃いかと。

いずれの場合も、
下落が始まると長引く恐れがあるので、

「TOPIXが5日線を割り込んだら、短期銘柄を売る」
ことを目安に計画しています。

仮に、相場が反落した場合も、
下落はじめはゆっくりなことが多いので、
下がり始めてから売るのでも遅くはないと考えます。

10/30で日経は7連騰。

こんだけ上がると、
「そろそろ下がるのでは?」
という気がしてくるものですが、

まだまだイケると考えます。

年末にかけてのこの時期は、
「順張りが有利!」という、
データもあるので、

チキンな気持ちは残しつつも、
ガッツリ株を買って利益を伸ばしたいところです。

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。