足元の取引方針についてですが、

日経平均株価、TOPIX、
東証二部指数、JASDAQは、

どれも強い上昇トレンドに入ってますね。

年後半は、
「相場が上がり始めると一気に強くなる!」
というデータが強くてですね。

いまぐらい相場が強いときには、
「株を持っているだけでもうまくいく!」
もんです(苦笑)

だから、

怖がらずに株を買うのが、
大事な局面だと思います。

これが2019年最後の、
イチバンの稼ぎ時になるかも。

ただし、

マザーズ指数がかなり弱いので、
マザーズ銘柄はやめておいた方が良さげ。

また、

短期取引が上手くいくのは、
「相場が上がっているときだけ」
ですので、

TOPIXが5日線を割り込んだら、
すぐに現金化すると無難です。

一方、

これだけ相場が上がっていますが、
割安株の調子は正直イマイチです。

割安株は
「年明けから上がる!」
という傾向が強いので、

簡単にサジを投げず、
忍耐強く待つ必要があるでしょう。

かくいう僕自身、

日本株用の運用資金では、
「半分は短期保有目的の景気敏感株」
「残り半分は長期保有目的の割安株」
という資産配分で臨みます。