From: 中原良太
六本木のバーにて、、、

スーパーに行くたびに、
ちょこっと多めにゴミ袋をもらったり。

印刷に失敗したプリント用紙は、
かならず裏紙として使ったり。

500円のテーブルワインを買った日は、
「贅沢してしまった…!」と後悔したり。

何かと貧乏癖の強い僕ですが、
1シーズンに1回くらいは、
良いものを食べます。

今日も、

留学時代の友人やら、
大学時代の同級生を誘って、
飲みに来ました。

こんな贅沢をするのは、
「1シーズンに1回」
くらい。

たまにはこれくらいの贅沢も、
しても良いですよね…?

◆  ◆  ◆

今回の飲み会は、
いつもより暗い雰囲気でした。

というのも、

上場企業に勤める友人達によれば、
「景気が悪い」という話が、
とても目立ったからです。

「資金繰りがヤバいからレイオフがあるかも…」とか、
「業績悪化で経営陣が入れ替わったバタバタしている」とか。

そんな話ばかり。

彼らの勤め先は、
日本を代表するような、

超優良企業なので、
社員は優秀な人材ばかり。

そんな彼らの会社ですら、

「さいきん、雰囲気が悪い」
というのですから、

これからの日本経済、
どうなっちゃうんでしょうね?汗

◆  ◆  ◆

アベノミクスが始まってから、
もう5年以上が経ちました。

アベノミクス初期に、
株式投資をはじめた人は、
大きく儲けたことでしょう。

しかし、

株は上がれば下がるもの。

米国株はかなり割高水準で、
しばらく停滞する可能性が高いです。

日本株も、

米国株ほど割高ではないですが、
「米国株に足を引っ張られて」
伸び悩む可能性があります。

だから、

「お金を増やす勉強」も良いですが、
「お金を減らさない勉強」をするのが、
大事だと思いますよ〜。

どんなに大きく稼いだとしても、

掛け算では「ゼロ」をかければ、
結果は「ゼロ」になってしまいますからね。

そこで今回は、

不景気に備えて、
「下がる可能性が高い危険株の見分け方」
をご紹介します。

ちょっとだけネタバレすると、
「社債を発行した会社はヤバいぞ!」
という話をします。

詳しい内容については、
YouTube動画にて解説しています。

気になるという方は、
ぜひご視聴くださいませ〜。

– 中原良太