IQ上位2%の投資家、中原良太です。

10/17の日本株は、
「横ばい」の1日でした。

大きな動きも無く、
落ち着いていましたね。

こういう日は、
「つまらないなぁ…」
と感じてしまうものですが、

相場が大きく動いたら動いたで、
「ひぇ〜〜〜!!!」
と怖い気持ちになるので、

チキンな僕にとっては、
安心できる良い1日でした(笑)

むしろ、

長い長い相場の歴史を振り返ると、

「相場が大きく動く日」は、
どちらかと言えば少数派なわけで。
ふだんから激動している訳じゃないです。

だから、

こういうまったりした1日を、
「退屈だなぁ…」と過ごすのももったいない。

むしろ、まったりしている日は、
「平和だなぁ…」と楽しめるくらいの、
余裕があって良いんじゃないかと思います。

さて。

僕の運用成績ですが、

17日は小型株が弱かったのですが、
手堅い株を中心に持っている僕の株は、
うまく持ちこたえてくれました。

小型株指数は、
0.5%ほど下がりましたが、
僕の成績はプラス。

ラッキーですなぁ。

「手堅く、チキンに運用する」
がモットーですので、

引き続き、

このスタンスを貫いて参ります。

【これまでの資産変動】
10/16:1002万0970円
10/17:1002万5999円(前日比+5029円)

◆  ◆  ◆

長期で保有したい格安株を見つけたので、
ご紹介しましょう。それがコチラ:

◯ミロク<7983>

猟銃の国内最大手の会社です。

今週に入ってからは、
株価下落が目立ちますが、

おかげで、

だいぶ旨みができたように見えます。

PER・PBRはともに低く、
お買い得水準だと思います。

それに加えて、

同社は借金も少ないので、
日本株の中でもトップクラスの、
割安株だと思いますな。

同社の予想PERは7.3倍。

仮に今の業績が続けば、
益回りは13.7%とかなり高め。

日本株全体と比べても、
3分の2ほどの価格で売られている感触です。

値ごろに見えたので、

ざっと企業価値を見積もってみました。
まず、同社の財産価値をザッと見積もると、

※2019年10月期第三四半期の四半期報告書を参照
現金:2117百万円
掛金:2159×0.8=1727百万円
証券:2749×0.8=1210百万円
資産計:5054百万円
負債計:3575百万円

ネットネット:1479百万円
発行済株式総数:3,005,441株−49,000株=2,945,441株
⇨1株あたりネットネット:502円

と、こんな感じ。

同社の株価は2018円ですが、

「仮にいま倒産しても、4分の1は、
現金として戻ってきそうだぞ〜!」
という感じであります。

また、同社の10年分の有価証券をもとに、
収益性についても分析してみました。

すると、

同社の収益価値は1株あたり176円/年ほど。
益回りは9%弱ほどでした。

これらの情報をもとに、
理論株価(割引率10%、成長率0%)を、
手堅く算出してみると、

理論株価
=清算価値+収益価値(10年)
=502円+1760円=2262円

という結果が得られました。

同社の理論株価は2262円。

現時点の株価が2018円なので、
理論株価と比べても割安に感じます。

かなり保守的に見積もったうえで、
「割安」という水準ですから、

長期保有しておくだけでも、
中長期で値上がりが期待できるでしょう。

お金に余裕があれば、
迷わず買う銘柄です…。

目先5年〜10年くらいは、
上昇が期待できると思いますよ。

ウォッチリストに入れて、
観察してはいかがでしょうか。

◆  ◆  ◆

足元の取引方針についてですが、

相場に特に大きな動きがなかったので、
昨日と同じように、

「小型株を全力買い」
のスタンスを継続します。

10月も後半戦。

そろそろ決算ラッシュなので、
「割高銘柄」を持っている方や、
「仕手株」を持っている方は、
この時期はやられやすいので注意が必要です。

決算の時期は、
「割高株ほど株価が下がる!」
なんてデータもございますので、

「人気」や「不人気」ではなく、
「企業価値」に基づいた投資をすると良いかと。

それに加えて、

決算ラッシュの時期は、
株価が乱高下するので、

きちんと銘柄を見ていれば、
「不当に安くなったお買い得株」
も見つけられるかと思います。

いつもどおり、

企業分析を欠かさず、
拾えるチャンスは拾いたいですなぁ。

…ということで、

「相場が上がっている限りは全力買い継続」
「相場が下がったときに備えていつでも売れる準備をする」
「格安株を買うチャンスがあればそっちを買う」

という、いつもどおりの対応でいきます。

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。