目先の取引方針ですが、

今週からは月の後半に入りましたが、

「毎月、月後半は株価が上がりやすいぞ!」
というデータもあるので、

これから月末にかけて、
値上がりが期待できそうです。

また、

株価は週単位で動く傾向もあって、
「週後半は上がりやすいぞ!」
というデータもあります。

足元の市況も良い感じなので、
暦も追い風し、含み益が伸びやすい地合いかと。

相場が上がっている時期は、
「割安株」が出遅れがち。

運用資金の半分を、
「割安株投資」にまわしている僕は、

残りの資金で景気敏感株を買って、
なんとか取り残されないよう、
着いていきたいところ。

僕の取引手法は、
「上昇相場で稼ぐ」ことよりも、
「下落相場で損をしない」ことに、
特化していますので、

慌てず、機会が来るまでは、
「相場についていくこと」だけ、
考えて取引するつもりです。

ただし、

一点だけ不安なのが、
JASDAQ平均が上がっていないところ。

JASDAQ平均は、
日本株の先行きを予測するときに、
もっとも先に動く指標だと考えておりまして。

JASDAQが弱いときは、
その他の株も上がらないことが多いんです。

ふたたび下落トレンド入りすれば、
8月のような急落も考えられます。

なので、

「今のところは全力買い」のスタンスですが、

少しでも状況が悪化したときに備え、
「いつでも売れるように」
準備するのが良いかと。