From: 中原良太
財布の中の小銭を数えながら、、、

はぁ。後悔。

今日はついつい、
無駄遣いをしてしまいました。

僕のつとめ先には、
「オフィスグリコ」
というサービスで、

お菓子が常備されていて、
100円でスナックを買えるんです。

今日は小腹が空いていたこともあり、
ついつい、おやつを買ってしまいました…。

ちょっと想像すれば、
分かるはずなのですが…。

つい、100円を使ってしまいました…。

◆  ◆  ◆

そもそもの話として、
「浪費家はお金持ちになれない」という、
事実を知らない方が多いようです。

お金持ちは、
「お金を持っている」から、
お金「持ち」と呼ばれるのであって、

「お金を使っている」から、
お金持ちと呼ばれる訳ではないんですよね。
(お金を使えば当然、なくなっちゃいますし)

だから、

これは僕の経験則なのですが、
「ホンモノの投資家ほど倹約家だ!」
という印象があります。

それこそ、

投資の神様バフェットは、
「散髪代に10ドルを払うにしても、
【この世の終わり】みたいな絶望した顔になる」
という話が有名です。

それに、

お金持ち研究の第一人者である、
トマス・スタンリーの研究でも、

「お金持ちほど倹約好きだぞ〜!」
というデータが得られています。

資産運用を知っている僕らからすれば、
「10年後、20年後に増やせるはずのお金」
を、今使ってしまうのは、

とても痛い出費なんですよね…。

◆  ◆  ◆

そこで今回は、
「1円でも多く得をしたい!」
という方に向けて、

面白い研究をご紹介しましょう。

今回ご紹介するのは、
ニュージーランドにある、
オークランド大学による研究です。

同研究では、13年分の、
米国株データを集計して、

「何時(なんじ)に株を売ると、
高く株を売りやすいのか?」
を調べました。

すると、

夕方の時間帯と比べて、
朝方の時間帯の方が、

「株価が高くなりやす」く、
有利に株を売れると分かったのです。

具体的には、
「ある1時間」が、
もっとも高くなることが分かりました。

さらに詳しい話については、
YouTube動画にて解説しています。

よろしければ、
ご視聴くださいませ〜^^@

– 中原良太