From: 中原良太
妻との険悪なムードの最中、、、

はぁ。マズい。
奥さんがカンカンだ。

恐ろしい。
できることなら逃げ出したい。

◆  ◆  ◆

奥さんを怒らせてしまいました。

原因は単純明快で、
僕がお金を使い過ぎたからです。

先週、誕生日を迎え、
29歳になったこともあり、

気が大きくなった僕は、
自分へのご褒美として、
ほしかった本をまとめ買いしたのです。

でも、買いすぎました。

今月のクレジット決済は、
引き落とし額が1カ月で数十万円に。

数カ月分もの、
生活費に匹敵する金額です。

普段から、
「質素!倹約!」
をモットーとしている、

中原家では、
あるまじき支出です。

それもあり、

支払い額を見た奥さんが、
「なにこの金額!」と、
怒ってしまいました。

冷静になって考えれば、
「まぁ、たしかに、怒られるわ…」
と納得の金額。

◆  ◆  ◆

今回は奥さんを怒らせてしまいましたが、

とはいえ、

今回の支出はあくまで本に使ったお金。
しかも、仕事で使うものばかりでした。

このような、
「タチの悪い支出じゃなかった」
こともあり、

今回は多めに見てもらえました…。

もしこれが、
「ブランド物のバッグを買った」とか、
「ブランド物の腕時計を買った」とか、
だったら、

多めに見てもらうどころか、
見限られていたでしょうな…。

これは完全に、
僕が悪いです…。

許してもらうには、
ちゃんと本の内容を活かして、
元を取るしかないなぁ…。

それと同時に、
「黙って大きな買い物をする」
なんてことは、無いようにしなきゃ…。

◆  ◆  ◆

そうそう。

「タチの悪い買い物」と言えば、
これ、知ってましたか?

ハーバード大学の研究によると、
「金遣いがヘタな会社に投資するとヤバい!」
というデータが得られました。

そして、

「金遣いがヘタな会社を見分ける」コツとして、
あるデータを見ることが有効だと分かっています。

このポイントを確認するだけでも、
「金遣いに問題がある会社」を、
見抜く重要なヒントとなります。

詳しいポイントについては、
YouTube動画にて解説しています。

よろしければ、
ご視聴くださいませ〜^^@

– 中原良太